UA-92533382-1 『老子 ― もう一つの道』 二十四 誇らない: よつば農場便り

« AKIRA | トップページ | 『老子―もう一つの道』 二十五 宇宙を貫く法則 »

2019年1月 3日 (木)

『老子 ― もう一つの道』 二十四 誇らない

【口語自由訳】
遠くまで長く歩きたいのであれば、ゆっくり少しずつ歩め。世の中に認められたいのであれば、自らを一番だとは思うな。結局、最後に功を得たいのであれば、謙虚に生きよ。道とともにある人に万物は付き従う。

 

【解説】
自らを晦(くら)くすること、晦(くら)くして生きること。道を己の内に抱えた人は、本当の自信がある人。その人は自らを誇る必要がない。


にほんブログ村follow us in feedly

|

« AKIRA | トップページ | 『老子―もう一つの道』 二十五 宇宙を貫く法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子 ― もう一つの道』 二十四 誇らない:

« AKIRA | トップページ | 『老子―もう一つの道』 二十五 宇宙を貫く法則 »