UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 三十 道によらずば衰える: よつば農場便り

« 「アンダークラス」の筆者・橋本 健二氏のインタビュー記事 | トップページ | 祝祭に向かう国で »

2019年1月28日 (月)

『老子―もう一つの道』 三十 道によらずば衰える

【口語自由訳】
根本なる道理を体して天下のことにあたる人は、武力に訴えはしない。根本に立ち返るのである。戦争や軍隊は禍々(まがまが)しいものだ。謙遜を尊び強さを誇らないことはすべてに通じる生き方だ。栄えすぎるものは所詮長続きはしない。細く長く続くのが良いと心がけよ。

【解説】
老子は平和主義者である。戦争と軍隊の害悪を説く。
謙遜の徳を説くことは常に変わらぬ彼の姿勢。
極端すぎること、強盛すぎること、それを彼は嫌う。ゆっくりと長く細く続くことそれを尊ぶ。そこに老子の智慧がある。


にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 「アンダークラス」の筆者・橋本 健二氏のインタビュー記事 | トップページ | 祝祭に向かう国で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子―もう一つの道』 三十 道によらずば衰える:

« 「アンダークラス」の筆者・橋本 健二氏のインタビュー記事 | トップページ | 祝祭に向かう国で »