UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 二十六 根本を失うな: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 二十五 宇宙を貫く法則 | トップページ | 1930年代と重なることはないだろうが… »

2019年1月 5日 (土)

『老子―もう一つの道』 二十六 根本を失うな

【口語自由訳】
重々しく静かなるものが、軽々しく躁々(そうぞう)しきものの根本にある。根本さえ失わなければ、どこへ行こうと、どのような境遇であろうと、落ち着いて自身を楽しむことができる。

 

【解説】
外界の騒がしさに惑わされない根本を養う必要がある。己の中に静けさを持っていれば、外界は己を映し出す鏡となる。


にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 『老子―もう一つの道』 二十五 宇宙を貫く法則 | トップページ | 1930年代と重なることはないだろうが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子―もう一つの道』 二十六 根本を失うな:

« 『老子―もう一つの道』 二十五 宇宙を貫く法則 | トップページ | 1930年代と重なることはないだろうが… »