UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 二十八 隠れよ: よつば農場便り

« 『老子ーもう一つの道』 二十七 跡を残すな | トップページ | Yamadera in winter »

2019年1月 9日 (水)

『老子―もう一つの道』 二十八 隠れよ

【口語自由訳】
真の偉大さ、真の強さとは、強さを知っていながらも、弱さの中にとどまっていること。栄光の何たるかがわかっていながらも、汚辱の中にとどまること。山のように高く、高くなるのでなく、谷のように広く、深く、大きくなるのである。谷はすべてを受け入れる。受け入れた徳と、離れることなく一体となり、純真となる。すべての作用は谷から起こる。

【解説】
老子は高く高く積み上げていくよりも、深く広く掘りさげていくことを好む。彼が大切にしているイメージは「谷」。すなわち窪地。そこにはすべての水が流れ込む。そして、そこで一つに帰す。すべてが一(いつ)に帰す。


にほんブログ村

follow us in feedly

|

« 『老子ーもう一つの道』 二十七 跡を残すな | トップページ | Yamadera in winter »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子―もう一つの道』 二十八 隠れよ:

« 『老子ーもう一つの道』 二十七 跡を残すな | トップページ | Yamadera in winter »