UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 十八 なぜこうも規範が多いのか: よつば農場便り

« 『老子―もう一つの道』 十七 最上の存在 | トップページ | 『老子』もう一つの道 十九 人智を捨てよ »

2018年11月30日 (金)

『老子―もう一つの道』 十八 なぜこうも規範が多いのか

【口語自由訳】
「道」をひとが見失なった時、人は道徳の教えがこの世に必要だと言い始める。人のさかしらが進めば、偽りも多く、人々の間の親和が乱れると、孝の教えが盛んとなる。同じように国家の秩序が乱れると、忠の教えが盛んとなるのである。

 

【解説】
道家の儒家への対抗意識。

 

政治のとらえ方、理想の政治が違うのだ。規範とは人を縛るものなのだ。

 

では、不羈とは。天衣無縫とは。素朴で真なものなのである。


にほんブログ村

|

« 『老子―もう一つの道』 十七 最上の存在 | トップページ | 『老子』もう一つの道 十九 人智を捨てよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子―もう一つの道』 十八 なぜこうも規範が多いのか:

« 『老子―もう一つの道』 十七 最上の存在 | トップページ | 『老子』もう一つの道 十九 人智を捨てよ »