UA-92533382-1 『老子―もう一つの道』 七 無私: よつば農場便り

« 知らずしてわれも撃ちしや | トップページ | 『老子』-もう一つの道 八 水 »

2018年11月 7日 (水)

『老子―もう一つの道』 七 無私

【口語自由訳】
天地は永遠に存在する。天地がなぜ永遠に存在するのかといえば、天地は自ら求めないからである。理想の人である聖人も、天地にならひ、自らを消し、ひとびとの間で永遠の命を持って生き続ける。「私(わたくし)」がないからこそ すべてのことを成し遂げられるのではないか。

 


【解説】
ここでは老子の一種の処世術が述べられている。

この世で、事業を成就したくば、私心を捨て、そうしたいと思う欲望を捨てることだ。
無私であることで多くのことが成就できる。

 

私心を持って求めれば求めるほど、欲望の対象は手に入らず、ますます遠ざかる。

 

ここにも老子の好む「逆説の論理」が見られる。

 

多くの世の常識人は老子の言説を信じないだろう。その逆説で常識や彼らの観念が揺さぶられるから。


にほんブログ村

|

« 知らずしてわれも撃ちしや | トップページ | 『老子』-もう一つの道 八 水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老子―もう一つの道』 七 無私:

« 知らずしてわれも撃ちしや | トップページ | 『老子』-もう一つの道 八 水 »