« 新潮45の休刊を考える | トップページ | 外国語を学ぶ利点 »

2018年9月30日 (日)

科研費・反日

前回わたしは、杉田さんが執筆した「生産性がない人々」論文について書いた。国会議員の杉田さんについては、古い記事ではあるが、2018年7月2日に『河北新報』に掲載された国立天文台名誉教授 海部宣男氏の意見記事についても関連があるので、紹介したいと思う。

 

杉田さんの活動はこうだ。日本によるアジア植民地支配に関した研究者を名指し、講演や論文で反日的主張や研究成果を世界に向けて発表するような研究者に多額の研究費を出すことについて、文科省を批判したり、ネットや産経新聞などで研究者に「反日」のレッテルを貼り、攻撃を繰り返したというものだ。要は、国家の税金を使うのであれば、国家を礼賛する研究でなければならず、日本の悪口を言う研究には税金を投入すべきでないというものだ。

 

杉田さんの主張や考えは、安倍首相の考えに近いものであり、今の日本では杉田さんが主張した「生産性のない人々」論文と同じように、一定レベルの、いや多くの支持を得ている考えだ。

 

杉田さんの考えに対して、反論する側は、例えば法政大学の田中学長の「専門的知見に基づき社会的発言を行うものに対する恫喝や圧力であり、互いの自由を認め合い、十全に貢献をなしうる言論・表現空間を求める」主旨が記事には紹介されていた。


 

海部氏の反論のポイントは、「政権は国そのものではない」ということだ。「国」は国民全体のもの、民意で運営してゆくもの。時々の政権は一時的なもの。だから現政権が推し進める政策にたまたま合致しない発言・研究でも「反日」ではない。現政権が野に下って、与党を批判したら「反日」になるのか?ということだ。

 

そして海部氏は民主主義の根幹を考えるように求める。そもそも政権の批判が保障され民意による政権交代が可能なことが民主主義の基本。民主主義を掲げるのであれば、時の政権=「国」と同一視することはできない。政権に批判的なものを「反日」と呼ぶのであれば、安倍さんや杉田さんが大好きな独裁国家の中国や北朝鮮と同じになる、というものだ。

 

私自身は、海部さんの考えに賛成する。私自身は、日本の過去の悪いことは、いい面と同様に客観的に伝えるべきものだと思っているし、戦争のことも子供たちに隠したりしないで率直に見せたり教えたりすべきだと考えている。そうすることで結局は日本が国際関係の中でうまくやっていけることになり国益にかなうと考えているからだ。杉田さんから見れば私も「反日」だろうが、「国」を思う『愛国心』は同等かそれ以上だと思っている。


にほんブログ村

|

« 新潮45の休刊を考える | トップページ | 外国語を学ぶ利点 »

コメント

水田さんとは、杉田さんのことでしょうか?

私が、大学生の時の学科主任は、日本で初のその分野での博士号を取得した女性で、生涯独身で、お子さんがいませんでしたが、この方も「生産性がない」のですかねえ?
(この方は、恐らく、同性愛者ではなくて、無性愛者。)

杉田さんの取り巻きの女性には、なかなか強烈なキャラクターが揃っています。
まずは、約四半世紀前に、「電脳アイドル」と言われていた方。反原発運動やってた左翼だったくせに、突然喧嘩別れして、杉田さんの仲間になりました。そして、左翼を「パヨク」と呼んで、本をいくつか出しています。某週刊誌の取材に対して、自らがヤリマン (初体験14歳、経験人数30〜50人) であることを語っています。
もう1人すごいのが、自身を「歴女」とか「愛国女子」と言って、武士のお話が大好きな20代前半の女性です。未婚の母のくせに、武士についてよう言うわ!と私は思っています。(未婚の母になってしまったら、きちんとした武士の家ならば、勘当されて、下手すれば、一族全員と縁切りのはず。) 幸福の科学の会員のようです。

杉田さんは、子供をどんどん産めば、母親がヤリマンだろうが、未婚の母だろうが、シングルマザーだろうが、どうでも良いと考えているのではないか?と私は疑っています。
とにかく子供をどんどん産めば良いというのなら、何やら戦争中の話みたいですね。

投稿: 猫男 | 2018年9月30日 (日) 20時44分

不注意な表記で大変失礼しました。私が言及したのは「杉田水脈さん」でした。訂正いたします。

なんとなく、言及されている取り巻きの女性の方々わかります。元アイドルは、私もファンだったのですが…

投稿: 原田 禎忠 | 2018年10月 1日 (月) 13時23分

杉田さんの経歴をよく見ると、学校で歴史の教育をまったく受けていない可能性があると考えられます。
恐らく、小学校6年生を最後に、歴史のお勉強とは、オサラバしたのでしょう。
中学と高校は、藤原紀香さんと同じ中高一貫校で、入るのはかなり難しいと言われています。
ただし、入ってから、かなりのんびりしています。
そして、高等学校は、日本史も世界史も選択せずに卒業出来るのです!
高高の原田さんには、信じられないことでしょう。
中学の時の歴史教育にしても、あまり厳しくない定期試験をクリアすれば良いだけのことです。
(そのくせプライドだけは高く、東大や京大の難関学部・難関学科に楽々合格出来ると思い込んでいる子が多いです。教科書の例題すらも自力で解答出来ないくせに!)
杉田さんは、鳥取大学農学部に行きましたが、ここの教養課程で歴史科目を選択いたとしても、特定のテーマについて学んだだけで、幅広く系統的に学んだとは思えません。

私が挙げた取り巻きのお二人ですが、心を病んでいます。
元・電脳アイドルは、重症のうつ病になったとのことで、かなり前に、インターネットの記事に出ていました。
未婚の母の「歴女」は、元引きこもりです。
出ている学校も、引きこもり相手の支援学校に通いつつ、通信教育等によって出てきたところばかりです。
まともに全国模試等で競ったことがないから、自分が一番物知りで一番賢いと勘違いしています。
この人は、不登校 (登校拒否) が素晴らしいことであると、喚いているので、そのうちに杉田さんも、学校には意味がないとか言い出すのではないかと、私は思ってしまいます。

投稿: 猫男 | 2018年10月 7日 (日) 11時24分

ちなみに、私は、歴史が好きなので当時の共通一次試験では「日本史」と「世界史」を選択するという大変おろかのことをしてしまい、とても苦労しました。しかし、まあ、そのおかげで、その後も国内外の歴史や出来事に興味を持ち続けられていますが…

投稿: 原田 禎忠 | 2018年10月 7日 (日) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科研費・反日:

« 新潮45の休刊を考える | トップページ | 外国語を学ぶ利点 »