« テストとは測りたい力、伸ばしたい力を計測する道具 | トップページ | ソクラテスが用いた対話という手段(ソクラテス・メソッド) »

2017年9月23日 (土)

瑣末なことを問う必要がないのか?

 

(高校の先生の研修会で講演をする仕事も増えてきました。今後の講演のネタに使おうと思っていることをメモしておきます。教育に関心のある一般の人が読んでも面白いと思っていただければ幸いです。教育と無縁であった人はいないでしょうから、一般の人にとっても面白いネタとなるよう努力いたします。ネタがたまれば、将来出版したいと考えていますので、その際はどうか、応援よろしくお願いいたします。)

 

 

たとえば、次の英文を日本語に訳せというような問題が、大学入試の英語では出題されるわけです。

 

Among the exciting discoveries are that highways connected the major settlements of the Empire and the complex water systems were built long before the underlying technology was believed to have existed.

これが、一般の人から見て、おそらく日本の英語教育や入試英語では一番評判が悪いところではないでしょうか。批判はおそらく、「日本語に訳してどんな意味があるのだろう?何に役に立つのだろう?こんなことをしているからいつまでたっても英語が喋れるようにならないのだ」というものなのではないでしょうか。

ちなみにこういった「訳せ」という勉強法は、文法訳読式と言って、日本の明治以来の伝統的な英語の勉強法や教授法であり、日本だけでなく、外国語を習得したり勉強したりする場合の昔からある正統的な勉強法・教授法でもありました。ヨーロッパでは、ラテン語を勉強する時にこのような勉強法・教授法がとられていたと言います。このラテン語の例でもわかるように、口語として話されている言語を勉強するには、確かに向いていない方法だとは思います。

さて、冒頭の和訳問題は、和訳せよと指定されるだけあって、構造が複雑です。英語が話せるようになるという実用的な目的ではなく、英語の試験や英語の教育の目的が、「汎用的能力」を試したり、育てたりするというのであれば、冒頭の英文は「複雑な構造を見極め、理解したことを自分の言葉で伝える」力を見たり育てたりするにはなかなか良問だと私は思います。

私の教えている経験からすると、この英文のAmong As V S(that①S' V' + that②S'V')「Aの中には、S(that以下①と②)とが存在する」という構造が分かる生徒は少ないです。そして、典型的な語訳としては、「帝国の主要な居住地を結び付けている道路が発見された」ですが、正しくは「発見の中には、道路が帝国の主要な居住地を結び付けていたことであった」です。趣旨はそれほど変わらず、おおざっぱな意味さえ取れればいい場面では、問題ないのですが、和訳問題では、「道路が発見された」と「道路が結び付けていたことが発見された」では、差があるのです。それは前者の誤訳がSVO構造を無視しているのに対して、正解がSVO構造をちゃんと意識しているというところにあります。

そんな細かい違いを追及して何になるという考えももちろんありますが、テストの目的、つまり測りたい力が、構造を見抜く力というのであれば、正解とそうでない解答とに差をつけざるを得ません。そして構造を見抜く力というのが、自然を見た時に、

198pxvitamineb12

こんな風に見えることだとしたら、そして、そのように自然が見えるから、病気に対する新薬を開発することができる能力との相関が高いとしたら、そしてそれが社会が教育に求めている子供たちに身に付けてほしい力だとしたら、その細かい差異を問いその能力を求めることは、その社会では意味があるということになる。

 


にほんブログ村

« テストとは測りたい力、伸ばしたい力を計測する道具 | トップページ | ソクラテスが用いた対話という手段(ソクラテス・メソッド) »

コメント

御元気ですか。
色んな事をしてるですね。

お久しぶりです。おっしゃる通り、いろいろなことをしています。あきやすい性格なのかなと、ちょっと反省していますが、実は教育にかかわる仕事は結構長く続けています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/71790750

この記事へのトラックバック一覧です: 瑣末なことを問う必要がないのか?:

« テストとは測りたい力、伸ばしたい力を計測する道具 | トップページ | ソクラテスが用いた対話という手段(ソクラテス・メソッド) »