« 悲しい風景―「技術専門家が支配する世界」 | トップページ | 東洋思想―「大きな声に…」 »

2017年7月31日 (月)

東洋思想―「なにかになるということは…」

(過去の記事の再録です)

・なにかになるということはなれなかったなにかになる可能性を否定すること。

なににもならないということは、なににでもなれる無限の可能性をいつまでも持っているということ。

・所有することは、所有できないものが莫大にあること。
所有しないことはこの世のすべてを所有すること。

・思想は頭で理解しようとするものではない。頭で考えてわからなければほうっておいて体を動かす仕事をすることだ。なにかのはずみで思想が直観的に把握でき、合点がゆけばそれでよい。その瞬間に、思想は汝とひとつとなる。


にほんブログ村

« 悲しい風景―「技術専門家が支配する世界」 | トップページ | 東洋思想―「大きな声に…」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/71291571

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋思想―「なにかになるということは…」:

« 悲しい風景―「技術専門家が支配する世界」 | トップページ | 東洋思想―「大きな声に…」 »