無料ブログはココログ

« 私たちの中に生活をとりもどす―「私たちの生活の中に…」 | トップページ | 東洋思想―「なにかになるということは…」 »

2017年7月30日 (日)

悲しい風景―「技術専門家が支配する世界」

(過去の記事の再録です)

例えば、コンクリートによる川の三面護岸工事なども、専門家の机上の理論によれば、様々な要素を考慮した結果、川のあるべき姿はあのような形になり、我々ずぶの素人が、「あのような川は美しくない」と反論しようにも専門知識もなければ、蓄積された統計資料も満足にそろえられないだろう。専門知識と統計資料は彼らだけのものであり、それを持たぬ徒手空拳の我々の言に、彼らは耳を貸さぬだろう。貸さぬどころか、我々の言葉に激しく嫌悪の情を抱くであろう。なぜなら、各種の技術専門家が世のいたるところを支配する世界では、専門知識を持たぬ素人は虫けらも同然無力であり、無知な人々の妄言は葬り去られるからだ。だが、確かにその他大勢の素人は、専門的知識の分野でははるかに見劣りがするも、己の内面の声から素直にもれ来る美的感覚や平衡感覚ではるかにすぐれているかもしれぬのである。世の大勢を占める素人達の常識や直観をないがしろにして一部の専門技官が突出している社会が現代社会の特徴である。


にほんブログ村

« 私たちの中に生活をとりもどす―「私たちの生活の中に…」 | トップページ | 東洋思想―「なにかになるということは…」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/71282360

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい風景―「技術専門家が支配する世界」:

« 私たちの中に生活をとりもどす―「私たちの生活の中に…」 | トップページ | 東洋思想―「なにかになるということは…」 »