« 私たちの中に生活をとりもどす―電子辞書で失ったもの | トップページ | 東洋思想―「なぜ禅は…」 »

2017年7月15日 (土)

東洋思想―「すべてのものが…」

(過去記事の再録です)

問答

「すべてのものが生まれて生きていることに意味があるのか」
「無し」

「それではすべてのものが存在することに意味はないのか」
「有り」

解説

本質的には同じ問いに、違った答えを与えることは禅ではあたりまえに見られることである。論理のなさ、矛盾にこだわってはいけない。論理を離れよということなのである。



この問答は、意味など考えずに生きるべきことを生きよということである。透徹すること、それが禅が求めていることである。意味はおまえが内側から生きよということである。


にほんブログ村

« 私たちの中に生活をとりもどす―電子辞書で失ったもの | トップページ | 東洋思想―「なぜ禅は…」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/71144828

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋思想―「すべてのものが…」:

« 私たちの中に生活をとりもどす―電子辞書で失ったもの | トップページ | 東洋思想―「なぜ禅は…」 »