無料ブログはココログ

« 悲しい風景―「なぜ現代の日本で…」 | トップページ | 悲しい風景―「技術専門家が支配する世界」 »

2017年7月29日 (土)

私たちの中に生活をとりもどす―「私たちの生活の中に…」

(過去の記事の再録です)

私たちの生活の中に失われてしまったものをとりもどそうと考えて、実践していた時に、すべてを包含する全い生活こそが農的な生活であることに気づいた。近代社会は専門知識と専門的職業への発展、分化によって特徴づけられる。それは近代以前の暮らしと比較すれば、ある意味で進歩と考えられる側面を持っていた。ところが個人的な能力、感性、体験を全面的に開花させるかといえばそうではなくむしろ退化させた面が見受けられるのである。個人の中に生きるための技能と知恵をとりもどし、人間的な生活を少しでもとりもどそうとしたとき、思い当たったのは農的な生活だったのである。


にほんブログ村

« 悲しい風景―「なぜ現代の日本で…」 | トップページ | 悲しい風景―「技術専門家が支配する世界」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/71272731

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちの中に生活をとりもどす―「私たちの生活の中に…」:

« 悲しい風景―「なぜ現代の日本で…」 | トップページ | 悲しい風景―「技術専門家が支配する世界」 »