« 東洋思想―「なぜ禅は…」 | トップページ | 美しい日本の言葉たち―あくがれる »

2017年7月17日 (月)

旅する葦―正確でない地図

(過去の記事の再録です)

 

地図をながめるのが昔から好きだった。あてどもなく旅に出て地図を広げ、今日はどこに行こうかと考えるのは楽しい。さて、日本人は海外に旅行に出たら列車が時刻通り正確に運用されないとすぐ怒る。正確に運用される列車こそめずらしく予定通りに運行されない鉄道こそが世界の常識だということに思いをめぐらせないのだ。地図やガイドブックにも正確無比な情報を求める。まちがった情報はそこに読む者をだます悪意があるかのように怒る。しかし、正確さ、間違いのなさをかねそなえた事物などこの世にはひとつもないということを頭に入れ、寛容な気持ちで地図やガイドブックをたずさえて出かけるべきなのである。その地図やガイドブックを片手に現実の方は、実際どうなっているのかを確かめに旅に出てみるのもよいではないか。

天井にはった地図を
二段ベットの上段から
夜、豆電球の明かりのもと眺め
想像をめぐらすのが
少年のころの私の好きなことだった。
私は冒険船の船倉の二段ベットに
横たわる船乗りだったのだ。

にほんブログ村>

« 東洋思想―「なぜ禅は…」 | トップページ | 美しい日本の言葉たち―あくがれる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/71162409

この記事へのトラックバック一覧です: 旅する葦―正確でない地図:

« 東洋思想―「なぜ禅は…」 | トップページ | 美しい日本の言葉たち―あくがれる »