無料ブログはココログ

« ポピュリズムとメディア | トップページ | プラトンの国家 »

2017年5月25日 (木)

山本おさむ氏の裁判傍聴漫画

山本おさむさんという漫画家はすでに実績のある作品をたくさん書いている漫画家だ。山本さんは東日本大震災の前に福島に移り住んでいて、そこで震災と核発電の事故にあった。その経験とフクシマの様子をすでに作品として発表しているが、今、フクシマの「なりわい裁判」を取材して発表している。

「なりわい裁判」とは、核発電所の事故によりなりわいを奪われた人たちがなりわいを返せと訴え、なりわいが失われたその責任を問う裁判だ。フクシマ核発電所事故のまさに本質は、人々のなりわいが壊され、そのことに対してだれも責任を取っていないことだ。大地震と津波が来るという学会の報告がありながら、国会で津波の危険性を問われそんなことはあり得ないと答え、口を拭って核発電推進にいそしむ政治家をはじめ、企業、メーカーの責任ある地位にいる人だれも罪に問われている人はいない。

そして近頃は特に核発電事故で漏れた放射能が健康に害を及ぼすという科学的根拠は全くないのだから、おとなしく以前住んでいたところに戻りなさいという風潮が強まってきているように思える。そしてそういう政治の流れを後押しして、放射能のことで騒ぐ人は「放射脳」、つまり頭がおかしく福島の農産物や観光に「風評被害」を与える元凶だと指弾されてさえいる。

いままでそういう科学的なデータがないとか作られてこなかったということはあるだろうが、しかし、核発電事故により、放射性物質により大地が汚染されてしまったことは事実であり、たとえば自分の土地にごみを投棄されたとして、別に健康に害はないのだから黙って住んでなさいよと、当のごみを投棄した業者に言われたらどうだろうか。「科学」的見地からは何でもないのかもしれないが、核発電の前と後では世界は全く違ってしまったのだ。現に、土に含まれている放射性物質は事故前と後では数値が全然違うし、薪ストーブ燃やした灰に含まれている放射性物質の値も全然違う。だから、大金をかけて除染してやってるだろうと、政治は言うのかもしれないが、放射性物質を集めてどこかに持っていけば問題は解決するかと言えば、それも違うと思う。

おそらく「なりわい裁判」を起こした人たちも核事故前のなりわいが戻ってくるだろうとは思っていないだろう。しかし、何かを訴えざるを得なかったのだし、訴えるとしたらまさに一番私たちが言いたいのは「なりわいを返せだ」。山本氏が報告する「なりわい裁判」の原告の人たちの証言は、胸を締め付けられる。しかし意義のある画期的な裁判であるし、今後起こるであろう核事故のためにも、フクシマの核事故で何が起こったのかは記録され記憶され語り伝えられ広げられていかなければならない。山本氏の裁判傍聴記の今後に大いに期待している。


にほんブログ村

« ポピュリズムとメディア | トップページ | プラトンの国家 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/70671443

この記事へのトラックバック一覧です: 山本おさむ氏の裁判傍聴漫画:

« ポピュリズムとメディア | トップページ | プラトンの国家 »