« 千葉すずさんからの問題提起 | トップページ | 仙台の最高気温が42度!? »

2017年3月24日 (金)

小さい子供にどう話しかけるのか

新聞記事のスクラップから。2月11日付の河北新報。「幼児への言葉かけ」という記事が掲載された。専門家のアドバイスをまとめたものだが、これは結局、人間関係にも応用できると思った。では、その要約。

いたずらばかりする、片づけない、支度に時間がかかるというような小さい子供に接するとつい、怒鳴ったり、小言ばかりになったりする。気持ちを通じ合うには「子どもの言葉を否定しないで、丸ごと受け止めよう」というのが「スーパー保育士」と言われる原坂氏のアドバイスだ。

原坂氏の出す具体例はわかりやすい。転んで「痛い」といった子に「痛くない」、散歩中に「寒い」といった子に「だから上着を着なさいと言ったでしょう」と、子どもは本当のことを言っているだけなのに、こんなふうに子どもの言葉を否定するような返答は良くない。

大人も子供も認めてもらうと意欲的になれるので、先ほどの「寒い」では「寒いね」と笑顔で気持ちを受け止め、その上で「今度は上着を持って出ようね」といえば、認めてもらったので素直に「うん」となるという。

ほめるときは「挨拶ができたね」「手が洗えたね」と具体的にほめるのがポイント。具体的な事実を言葉にすると頑張れる。子どもはどんどん変わるという。

言葉によって悪い方に変わっていく怖さも、NPO法人の会長山本氏が指摘する。人格形成の基礎ができる幼児期は言葉の影響が大きく、大人の言葉通りの子どもになるという。その具体例は、「何をしても遅いんだから」子どもは経験が乏しく時間の概念も未熟なため「自分は遅いんだ」と思い込んでしまう。

こんな時は「昨日よりちょっと早くできたね」と事実とめざす方向を示してあげるとよいという。

でもついきつい言葉が出てしまったときは?取り消せないが、こんなフォローがあるという。「なんで全部食べないの!」と怒鳴ってしまったら「丈夫で強い体になってほしいから怒鳴っちゃった」と怒った本当の理由や感情を言葉にすれば子供は怒られた理由がわかり安心するという。

職場でも、教育現場でも、スポーツの指導でも、子育てのコミュニケーションは、すべての人間関係に当てはまる、基本中の基本だ。だから幼児教育についての知識は誰が持っていてもよいし重要なのだと思った次第。


にほんブログ村

« 千葉すずさんからの問題提起 | トップページ | 仙台の最高気温が42度!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/70035787

この記事へのトラックバック一覧です: 小さい子供にどう話しかけるのか:

« 千葉すずさんからの問題提起 | トップページ | 仙台の最高気温が42度!? »