« チェルノブイリの祈り | トップページ | 外国人労働者の問題を考える »

2016年11月28日 (月)

この世界の片隅に

こうの史代さんの「この世界の片隅に」を見た。いい映画だった。そして、昨日の日曜日、小さな映画館だったが、各回とも満員。この映画に足を運ぶ人がこんなに多いなんて、まだまだ日本も捨てたものでないと希望が湧いた

映画は戦前から戦中、戦後の広島の呉が舞台だ。呉と言えば軍港、戦艦大和の母港でもある。軍事は国事、国事は機密なので、軍港側が見える車両の窓は降ろさなくてはならない。絵をかくのが好きな主人公が港の様子をスケッチしていたら憲兵さんに捕まった。映画では詳しい説明はされていないけど、現在も同じ「秘密保護法」がある日本では、若い人にも、どうしてああいうシーンが出てくるのか知ってもらいたい。

「世界の片隅に」というタイトルも、こうのさんが描いてきた世界を表していると同時に、強い意志と抗議の力を感じた。本当はわたしたちが暮らしている、畑の隅に雑草やタンポポが生えているようなこういう世界が大事なのだし、大事にしたいのだ。主人公のすずさんも、はたからはぼんやりものと思われても、そういう世界を大事にして生きている。でも、そういう世界はいつも「中央」や「中心事」によって踏みにじられるのだ。ぼくは、そういう小さな世界の片隅の住人だし、その世界を踏みにじろうとする人たちに何とか抵抗して抗議の声を挙げたい。


にほんブログ村

« チェルノブイリの祈り | トップページ | 外国人労働者の問題を考える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/68624129

この記事へのトラックバック一覧です: この世界の片隅に:

« チェルノブイリの祈り | トップページ | 外国人労働者の問題を考える »