無料ブログはココログ

« 生活保護の是非をめぐる論点 | トップページ | トリスタンとイゾルデ »

2016年11月10日 (木)

2番じゃダメですか

次期アメリカ大統領にトランプ氏は決まった。日本でも大きな関心を持って報じられたのは、日本の運命は日本自身で決められず、宗主国のアメリカにかかっているというのが私たちにも本能的にわかっているからだろう。

トランプ氏が選挙中に述べていた公約が本当に実現したら?ぼくは勝手な想像をしてみる。1つは、同盟国に対する費用負担増だ。歴史に興味があるぼくは、ローマ帝国時代を思い出す。帝国の皇帝の役目は、ローマ市民に「パンとサーカス」を提供することだ。それによって市民の支持を取り付けられたが、負担は属州が担った。負担に耐えかねた属州では反乱が起こるようになり、ローマ帝国はやがて衰退分裂に向かった。永遠に続くとおもわれた「ローマの平和」も続かなかった。「アメリカの平和」にも陰りが出て世界情勢の流動化のきっかけになるのだろうか。

2つ目は、駐留軍の撤退だ。これをチャンスととらえて結党以来の悲願を達成するチャンスにするという日本側の対応もあるのではないだろうか。アメリカ軍がいなくなれば、その空白を埋め合わせるためにすることは、すなわち、国防軍の創設、および核武装、および憲法改正だ。歴史に名を残す偉大な政治家に変貌しつつある安倍総理の本心はどうなのだろうか。

さて、ぼく個人は日本の核武装にも国防軍の創設にも反対しているので、ここからは非国民的な夢想を述べる。アメリカがこの地域にいなくなった後、軍備力強化なんていう道に走りお金をつかって国民生活を窮乏させるよりは、中国や韓国・北朝鮮と仲良くなってはだめなのだろうか。(もちろん、独裁国家や共産国家とは無理という意見が日本では大半だということは理解できるのだが)。

その昔、冊封(さっぷう)制度というのが東アジアにはあった。中国を頂点とする国際秩序で、日本はその中で韓国と同等か、3番目くらいの地位にいた。この制度は中国を1番に立てなければいけないが、そこは東アジアらしい建前だけの話で、日本からあいさつに行けば、その何百倍ものお土産を持たせて返してくれる、日本にとっては実益の上がる制度だったのだ。お互いに軍事的緊張をするよりは、冊封(さっぷう)制度に入っていれば、無駄な軍拡競争などしなくていいし、その分民生や福祉・医療に必要なお金を回せる。

もちろんこれは中国王朝が、黄金の安定期で余裕がないとダメな話ではあるが、軍備増強して核武装して一番でいようとするよりも、2番、3番に甘んじても、国民が幸せに暮らせれば、ぼくはそれでいいのかなと思う。これから日本は、下り坂だ。高度経済成長時代に作ったインフラすら、自国民では維持することができず、道路のあちこちに穴があき、橋や鉄道も古くなっていく。自然災害はこの先も日本列島に来るだろうし、「想定外」という名の「人災」が子供や孫たちに負担や処理を迫るだろう。冊封(さっぷう)体制に入り、資金や人材を受け入れて、問題を処理しつつそれなりに生きていく道も、ないことはないと考える。


にほんブログ村

« 生活保護の是非をめぐる論点 | トップページ | トリスタンとイゾルデ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/68368716

この記事へのトラックバック一覧です: 2番じゃダメですか:

« 生活保護の是非をめぐる論点 | トップページ | トリスタンとイゾルデ »