無料ブログはココログ

« 上田紀行氏の論考「ノーベル賞の陰に」 | トップページ | スポーツで学べること »

2016年10月27日 (木)

自民党の強さの秘密

小学校の道徳の教科書で読んでなぜか忘れられない話がある。幕末の話だ。文明開化に向かう時期、明治政府は西洋から郵便制度を導入しようとする。しかし、それを飛脚たちが反対する。自分たちの仕事を奪われるからだ。逓信省の大臣(初代大臣だと前島密だったのだろうか)と飛脚組合の代表の話し合いがもたれる。大臣は、飛脚の代表に、諄々と近代化が国民全体の利益になると説き聞かせ、ついに飛脚代表も納得して、大臣の前にちょんまげを切り置く。という話だ。

この話のモラルは何か、政府が小学生に刷り込もうとしたことは何であったか忘れてしまったが、全体の、大きな、未来の幸福や大義のためには、個人的な利害は顧みないということだろう。世の中全体の利益を阻害してまで、個人的な利得に縋りつくのは潔いことではないという話なのだろう。

今の日本は過渡期だ。大きな力を持っていたが時代から必要とされなくなろうとしているものがいくつかある。そういうものの一つに大企業の労組を中心とした昔ながらの労働運動とそれを背景にする政党があるのではないだろうか。もちろん、労働者の権利や福祉を守る労働組合は必要だ。だが、自分たちの既得権利だけを守りそこから漏れている労働者たちや世の中の問題には目が届かない組合では、進歩に抗する抵抗勢力だ。自民党が政治の世界で安定した勢力でいられる大きな要因のひとつが、こうした組合と政党の存在だ。


にほんブログ村

« 上田紀行氏の論考「ノーベル賞の陰に」 | トップページ | スポーツで学べること »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/68142136

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党の強さの秘密:

« 上田紀行氏の論考「ノーベル賞の陰に」 | トップページ | スポーツで学べること »