無料ブログはココログ

« 自衛隊員に敬意を | トップページ | 愛は技能 »

2016年9月30日 (金)

英語学習は早いほど良いのか

表題は岩波新書から出ているバトラー後藤裕子氏が書いた研究書だ(正確にはこれまでの研究を一般読者のためにわかりやすく整理、紹介してくれて、政治家や官僚が一生懸命になって推し進めている英語の早期教育、― 政治家ばかりでなく保護者や押しなべて世の中全般 ― が果たして科学的・学問的にどのような根拠があるのかを検討し、読者自身が考えてみてほしいという書だ)

ぼくは英語の早期教育ということに関心があってこれを購買したのではなく、第2言語学習において教える立場として参考になるべきことはないかと思ってのことだ。というのも、私自身外国語や日本語を教えていて、結局昔ながらの「読書百遍意おのずから通る」という教育も真実だと思う半面、科学的根拠のある効率的な学習法で学生を指導してあげられないかと思っているからだ。だいたい語学学習は、自分の成功体験をもって絶対として、こういう学習法がいいと勧めがちだが、果たしてそれはほかの人にも当てはまるのか。ぼく自身も読解の授業で学生から質問されて「それは文脈から判断できる」とか「たくさん読めばわかるようになる」と答えてしまうことがあるが、そしてそれは反面真実なのであるが、本人がたくさん読んでわかるようになるのであれば、自主学習が一番であり、指導者なんていらないのではないだろうか。そんな問題意識で改めて言語習得について勉強しているところだ。

さて、本書を読んで興味深く感じたのは、実はそういう問題意識とは全く関係ないところだ。筆者も本筋とは関係なくさりげなく書いたところだと思う。本文37ページに「若い日本人女性の声は、英語、スウェーデン語、オランダ語をを話す女性と比べると、ずっと高い」とあったところだ。というのも、この頃年のせいか、若い女性の声が聞こえづらいなと思っていたところだったからだ。ご存知のように、人間は年を取ると鼓膜が固くなりあまりうまく振動しなくなる。だからお年寄りは耳が悪い。若い人は様々な周波数の音を聞き取れる柔軟な耳を持っている。自分が、若い女性の声が聞きづらいと思っていたのは、年のせいだけでなく、本当に日本人の若い女性の声はピッチが高かったのだと、妙に納得したのだ。

日本語はそもそも男女の声のピッチの差がほかの言語圏と比べて大変高いのだそうだ。そしてこれは日本社会の中で高い声が「女性らしさ」の象徴として認識されているからだという学説を紹介していた。ぼくも経験的に、外国旅行をした時、日本人女性が年よりも若く、悪く言えば幼くみられていること、kawaiiとみられていることを知っている。おそらく、日本社会が彼女たちに可愛く見えるような圧力を知らず知らずのうちにかけていて、彼女たちはそれに適応しているのだろう。そして、きっとフェミニストによれば、こうして日本女性の自立は妨げられ、女性の地位は低いということになるのだろう。最後は、ぼくの憶測で書いたが、今社会科学系の研究でも、自然科学と同じように適切に実験環境を整えてあげれば、きちんとしたデータが取れて、イデオロギーにとらわれた偏った研究になることは少ない。女性の声が高いかどうかは機械で計れるのだから、自然科学と同じく観察結果を出発点とできる。そのあと結果をどう解釈するかはまた別の問題になるのだろうが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

« 自衛隊員に敬意を | トップページ | 愛は技能 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/67731141

この記事へのトラックバック一覧です: 英語学習は早いほど良いのか:

« 自衛隊員に敬意を | トップページ | 愛は技能 »