無料ブログはココログ

« ルードヴィヒ | トップページ | 今井むつみ『ことばと思考』(岩波新書) »

2016年8月31日 (水)

武器輸出

安倍自民党政権は憲法改正と国防軍事力強化に向かって進んでいる。素晴らしい日本の民族性や歴史に異議を唱えるかのような隣国たちに反感を感じ、国民の中にも軍事力強化と国防軍創設に賛成する人たちも多い。国民が選ぶ指導者は、その選んだ国民に責任があるのだし、結果を引き受けるのは指導者でなく国民だ。だから、隣国との関係や軍事力、憲法は国民が責任を持って考えるべき問題ではあるが、この問題とは別に、考えなければいけないのは、武器輸出の問題だ。我々の作った武器で誰かが殺され苦しむ、なんていうと、感傷的すぎると批判を受けそうではあるが、武器輸出の側面には確かにこういう問題もあり、日本人が国際的にどう見られ評価されるのか、単純に言えば、尊敬されるのか、憎まれるのかという問題につながる。日本人として、私はこの問題にかかわっていないのだから潔白ですよという言い訳はできない。全員共犯者なのだ。

安倍さんは積極的に武器を海外に売り込んでいる。世界で大口顧客として有名なサウジとの関係強化に努めている。そんな中で8月30日付の河北新報には東北大学では、軍事研究に一定の歯止めをかける方針だという記事が、河北新報で報じられた。もちろん、東北大学内部でも、軍事研究いいじゃないかという声もあるということは記事の中で紹介されていた。いま日本政府は、大学の研究室に軍事研究をしようと持ち掛けている。研究には多額の予算がつくのだ。東北大では指針を作り軍事技術に直結する研究には慎重な姿勢を示す方針だということだ。東北大学、がんばって、負けるなという声援を送りたい。

人類の歴史をたどってみれば、戦争が技術を進めさせた、という側面も否定できない。生活を便利にしてくれる科学技術も、ある面では戦争や軍事のおかげで進んだという面はある。だが、倫理的にやっていいことといけないことがある。そこまでやったらおしめーよと、いうラインがあると私は思うのだが、そのラインはずるずる後退している。特に国公立大学は立場が弱い。国に予算や人事権が握られている。国の方針にどこまで逆らえるか。つまり兵糧攻めにどこまで耐えられるのか。

そう考えた時に、「私立」や「民間」というセクターは、確かに大事になる。明治以来日本は「官尊民卑」だ。だが、そんな官立大学に危機感を抱いた新島襄は私立の同志社大学を作ったし、渋沢栄一は、民間企業を起こした。兵糧攻めにあったときに耐えられる独自の財源や仕事・産業・収入源を持ち独立・自尊するというのは本当に大事なことだと偉大な先人を見て思う。そもそも江戸時代は官立学校もあったが、農村でも都会でも、私塾がたくさんあり、教育熱心な日本人の必要に応えていたし人材も輩出した。時代が違うとはいえ、いまだって大学の研究室レベル、特に科学技術系レベルの民間研究所があちこちにたくさんあり、地元産業や地元の生活の向上に貢献できる仕組みがあればいい、と思う。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

« ルードヴィヒ | トップページ | 今井むつみ『ことばと思考』(岩波新書) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/67272612

この記事へのトラックバック一覧です: 武器輸出:

« ルードヴィヒ | トップページ | 今井むつみ『ことばと思考』(岩波新書) »