無料ブログはココログ

« 結婚したい独身男女 | トップページ | 保育の現場 »

2016年8月10日 (水)

全体食は体にいい

白くしすぎた食べ物をとりすぎるのはは体に良くないと言われてきた。例えば、白砂糖や白米。そのかわりに黒砂糖や玄米を食べるのが健康に良いと。玄米は削って捨ててしまうぬかの部分にビタミンやミネラルが含まれている。だからある部分だけを精製するのでなく全体をいただくのが良いという考えがある。

さて、これは科学的に根拠があることなのか。8月8日付の河北新報に目立たないがこんな記事が載っていた。ハーバード大学の公衆衛生大学院のキ・スン医師らが約78万人のデータを解析したところ、全粒粉や大麦といった全粒穀物を1日に70グラム以上食べていた人はそうでない人に比べて、心血管疾患による死亡リスクが23%低下、がんによる死亡リスクは20%低かったという。

目立たない記事だったので、翌日スーパーから全粒粉で作ったパンが店頭から消えたということはないだろうが、食生活について考えさせられる研究結果であった。

,p>にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
にほんブログ村

« 結婚したい独身男女 | トップページ | 保育の現場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/66937827

この記事へのトラックバック一覧です: 全体食は体にいい:

« 結婚したい独身男女 | トップページ | 保育の現場 »