無料ブログはココログ

« 新たな環境問題マイクロプラスチック | トップページ | スポーツ考 »

2016年7月30日 (土)

炎上の研究

インターネット掲示板やブログ、SNSに書き込みが殺到する状態を「炎上」という(らしい)。新聞を購読する人が減り、テレビの視聴者も減っていく中で、インターネットの言論空間は重要性を増しつつある。その影響力は選挙の結果などにも影響し現実的なものとなりつつある。「炎上」による、世論形成や世論が誘導される方向性には以前から興味を持っていたところ、注目すべき研究結果が発表された。(参考:河北新報2016年6月28日付け)

国際大学の山口真一講師らの約4万人のネット調査により分かったことは、「炎上」状態になる際はごく少数の人が繰り返し書き込んでいるということだ。これは、過去1年間の書き込み経験者のうち同じ炎上に2回以上書き込んだ人が65%に達し、11回以上に達した人が10%いたことにより分かった分析結果だ。山口講師はコメントして「声が大きい一部の人によって炎上している実態を示す結果であり、過度の批判が行われればネット上の言論が委縮する、よって対策を検討すべき」という。

また、書き込みをした理由として「許せない」「失望した」が解答の半数以上を占め正義感に駆られれての行動であり、「楽しい」「ストレス解消」などの愉快犯的な動機が少ないことにも注目だ。

さらに注目すべきは、世帯年収が高いと、炎上への参加率が上がり、子どもがいない人よりもいる人で効率であり、役職のある会社員の方が、無職の人や主婦、学生よりも高かったという調査結果だ。これは、従来のネット住民やいわゆる「ネトウヨ」に対する見解を大いに改める必要がある社会科学的調査の結果である。従来は、非正規社員など社会的に恵まれない環境にいる人たちが、攻撃の対象を見つけ過激な発言をし、また極端な発言をする政治家をネット上で熱烈に支持しているというのが半ば通説だったからだ。今後は、憲法改正の国民投票もあるだろうから、ネット上における世論形成がさらに重要になる。従来通りの認識で、ネットの言論に対処しようとすれば、護憲派は敗退するだろう。まずは、ネットの言論をどのような人たちが形成しているのかを、客観的な分析が必要だろう。

最後に、河北新報は「炎上」についての論点をまとめてくれている。それも大いに参考に成る。
・悪い点…ターゲットとなった人物の個人情報をさらすなど、事実上の私刑が行われたり、激しい批判を恐れてネット上の言論が委縮する。(すでに、日本ではテレビ、新聞の言論は委縮しているのではないだろうか)

・良い点…企業の不正が暴かれたり、著名人の暴言が公にされたり社会的に意義が認められている事例もある。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

« 新たな環境問題マイクロプラスチック | トップページ | スポーツ考 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/66755124

この記事へのトラックバック一覧です: 炎上の研究:

« 新たな環境問題マイクロプラスチック | トップページ | スポーツ考 »