« 『オテロ』続き | トップページ | 希望の牧場・ふくしま »

2015年11月23日 (月)

市民による女川原発の安全性を問うシンポジウム

仙台市情報・産業プラザにて、原子力市民委員会共催の「市民による女川原発の安全性を問うシンポジウム」が開催された。元東芝の技術者で原子炉を設計していた後藤さんや、小倉さん、金属工学の専門家井野さん、高木仁三郎基金から菅波さんらが来仙し、市民とともに女川原発の再稼働問題を考えた。

宮城脱原発・風の会の篠原さんの話から、ぼくは改めて宮城県知事村井さんの原発事故対応の失政を思った。篠原さんたちの申し入れにもかかわらず、原発なんてものは発電所の3~6キロくらいまでの事故を想定していればよいから、県所有の放射能測定機は全部女川発電所の県のセンターに置いておいた。そして地震や津波の想定ももちろん甘いので、県のセンターは海抜の低い所にあり津波で流されてしまった。だから、福島核発電が爆発してから宮城県は放射線量を測定することができていない。本来ならば、県民の安全を第一に考えれば、いま放射線量が急に高くなっているので、ここから立ち退いてくださいなどと誘導すべきだったのに。そして、稲わら汚染や畜産農家に的確な指示を出せたはずなのに。それなのに核発電爆発後の10日後にすぐ、農産物の放射線量は測定する必要がないと宣言している。これが、結局今でも問題を複雑に大きくしている。結局、国も県も国民や県民を守るという姿勢があるかないかだ。もちろん、国民や県民よりももっと大事なものがあるという姿勢の政治信条を持つことは、自由だろうし、実際そういうかたも多いだろう。いくらぼくがそういう人を支持しないといっても、圧倒的多数決で信任されれば、いたしかたない。

さて、核発電の再開だが、福島については原因もわからず、事故の責任を問われた人もいない。そういう倫理的な問題も解決されていない。そして、再開にあたって安倍首相は、規制委員会が科学的に安全であると言えば運転していいと言っている。でも、規制委員会では、検査に合格したからといって安全というわけではないと言っている。では、結局安全性は保証されていないし、誰も私が責任を持ちますと言っていないわけだ。

元東芝の技術者のかたの話は興味深かった。ぼくは根っからの文系人間だが、仕事をして何かを作っていくときの技術屋さんのワクワクする気持ちがちょっとわかった気がする。自分が取り組む対象の物性に対して、どれくらの圧力だったら耐えられるか、方程式を立てシュミューレーションを作る、そして実験をして、データを収集する。そして、それを設計に生かして作っていく。こうやって巨大なプラントや複雑な機械ができていき、そこに自分の知力や技術・経験が注がれていれば、とても愛着がわき、最高に誇れる仕事だ。工学を学び技術屋さんになる喜びが、ようやくぼくにもちょっとわかってきた。でも、そんな技術屋さんである後藤さんや小倉さんが、核発電は制御できない技術だ、やめるべきだというのだ。

素人のぼくでもわかるのは、核発電1基に、ポンプだけでも300くらい使われる。そして配管の延長は1700キロだ。ケーブルであれば17000キロメートルだそうだ。地震が来て、そのパニックの中で、どこかで配管が壊れたといっても、どうやってそれを探し出し補修するのだろう。できっこないと思う。また、新基準で再開を認めるために、安全対策がたくさん施された。だからさ-安心ですよというのが、核発電推進の自民党や官僚さんたちの見解だが、技術者の後藤さんに言わせれば、もしもの時には実に単純にスパッと止まってしまうようなのが、安全対策としてはいいということだ。パニックの中で、複雑な手順を何重にも踏むようなことは決して安全ではないという。女川核発電所に再開に向けて巨額な費用をかけて「安全対策」なるものが施されているが、核発電所は再開すればやっぱりどこかで事故は起きるのが理の当然だ。

核発電推進派の人は、飛行機事故のことをよく持ち出される。今日も会場から、何も複雑で巨大なメカニズムは核発電だけでなく飛行機だってそうじゃないか、それなのになぜ核発電にばかりに厳しいのか、という質問が出た。なるほどと一瞬思ってしまうが、よく考えるとやはり違う。核発電は、動いてない時でもずっと制御が必要で、制御してなければ破滅的結末が待ち構えている。そして、いったん事故が起こればその影響力は時間的空間的にも飛行機事故の比ではない。破壊的兵器を作ってしまったアメリカの言い訳や核兵器を独占するための口実として「核の平和利用」なる幻想が作られただけだ。その幻想から目を覚ます必要もあるし、歴史的事実も直視する必要がある。

なお、原子力市民委員が計算した核発電で事故の確率は約8年に1回である。これは、核発電が始まって以来世界に何基の炉があり何年稼働しているかを数え、これまでの事故の回数と比較したものだ。フクシマから5年。どうすれば私たちは次回の事故にあう確率を低くすることができるのだろうか。それはやはり稼働する炉の数を少なくしていくしかない。


にほんブログ村

« 『オテロ』続き | トップページ | 希望の牧場・ふくしま »

コメント

私も参加したかったのですが、当日は別件で参加できませんでした。気になっていたので、興味深く報告を読ませていただきました。ありがとうございました。

お役に立ててうれしいです。読んでくださる人がいるというだけで、書く勇気が湧きます。こちらこそありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/62647666

この記事へのトラックバック一覧です: 市民による女川原発の安全性を問うシンポジウム:

« 『オテロ』続き | トップページ | 希望の牧場・ふくしま »