« 戦後70年に思うこと-備忘録 | トップページ | 「サウンド・オブ・ミュージック」 »

2015年8月20日 (木)

欲望という名の電車

テネシー・ウイリアムズの原作の戯曲を1951年にエリア・カザン監督が映画化したものを見る。ブランチ役のビビアン・リー、スタンレー役はマーロン・ブランドだ。マーロン・ブランドは若い。でも、暴力的で粗野な若い夫役が似合っていた。後年、ゴッド・ファザー役のあの渋い演技と同一人物だとはじめは気づかなかったが、あとで配役を見てへえーと思った次第。あの、はっきりものを言わない、モノを噛んだみたいなしゃべり方は若い時も変わらない。

今度は原作も読んでみたい。人間模様が言葉で表現される名作。映像の作品ですら、ブランチのセリフは聞きどころだった。女優さんであれば、誰もがブランチに挑戦してみたいだろう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

|

« 戦後70年に思うこと-備忘録 | トップページ | 「サウンド・オブ・ミュージック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/61253513

この記事へのトラックバック一覧です: 欲望という名の電車:

« 戦後70年に思うこと-備忘録 | トップページ | 「サウンド・オブ・ミュージック」 »