無料ブログはココログ

« ジェーン・エア | トップページ | 日本はなぜ基地と原発を止められないのか。(その1) »

2015年8月30日 (日)

いま角田の子がすごい

宮城県角田市。宮城県の南部に位置する。いま角田市の小学生がすごい。連日、河北新報の投書欄に彼ら・彼女たちの意見が掲載されているのだ。投書はおそらく200字から300字くらい。この短い中で、起承転結を整え、自分の考えを相手にきちんと伝える。考えること、書くことを通して、基本的な論理思考力を鍛えるとてもいい訓練だ。国語だけでなくすべての教科の基礎となる思考力を培い、その後の人生でも長く基盤を作ってくれる。

この背景にはおそらく角田市に優れた教育実践家がいて、その方の指導なのであろう。以前、大崎地区の高校生の投書が連日掲載されたことがあり、たまたま訪れた大崎地区の高校の校長先生とお話したら、その方が指導しているとのことだった。角田の小学生にしろ、大崎の高校生にしろ、文章の内容は立派だ。設定したテーマに対して、客観的に分析し、自分の考えを堂々と述べている。こういう実践を続けていけば、数年後、角田市は県内で一番学力が高い地区になるだろう。

文章を読み、書き、それを基にまた考えて書くというのは、論理的に思考する基礎力をつける。学校を卒業し大人になっても、そういう基本的な力がついていれば、自ら新しいことを学び、自分で道を切り開いていけると思う。国語だけでなく、算数や数学を学ぶことというのも、基本的には同じこと、つまり長い目で見て人生で必要になる思考力や粘って考える力、最後まであきらめないでやり抜く力等をつけることにあると思うのだが、川内核発電を再稼働させた鹿児島県知事が、「女には三角関数は必要ない」と発言したと報じられている。

この方は、以前「たとえ国民全体が反対しても、正しいことは一人の判断で決めてやる」と発言されたとも報じられている。直接、存じ上げているわけではないが、家父長的なお考えをお持ちの方で、女・子ども・わけのわからないことを言って核発電に反対する奴らは思考力の足りないかわいそうな奴らだから、代わりにこちらで判断してやる、それが奴らを守る、奴らにとっても最良の方策だ、という明治民法的なお考えの持ち主なのかもしれない。

「女に三角関数」の発言はさすがに批判されたようで、「日常生活で、三角関数なんて使わない」という意味で言ったことだと訂正したと報じられている。さて、文系人間のぼくも、福島核発電所の事故後は、数学・物理・科学のことを学びなおそうと努力してきた。そして、核発電をはじめ、日常生活を支えているすべての科学技術が数学や物理・化学の原理の応用でないものはないということにあらためて気づいた。核発電の仕組みや発電施設の設計、強度や事故防御の設計にどれだけ数式や数学・物理のこれまでの蓄積が使われていることか。数学・物理がなければ核発電どころか、私たちの日常生活は一切存在しないくらいだ。ところが、現代の科学技術の問題点というのは、その中身がわからない、つまりブラックボックスになっていることで、そこで、鹿児島県知事のように、日常生活で数学は不要という、考えになってしまうのだ。

こういう恐ろしい思考の方が川内核発電所を推進する責任者なのだ。福島の事故後はもう二度と同じ事故はあってほしくない、ほかの人にもこういう苦しみは味わってほしくないとぼくは願っているが、福島の事故でだれも責任を取らず、誰も罰せられることがないから、鹿児島県知事も気楽なのだろう。川内核発電所は、技術的な欠陥も指摘されている。このままではまた悲劇が繰り返される。

希望はないのだろうか。あるとしたら、世代の交代だ。日本人は自らが変わるのは苦手だ。さらにアメリカの占領状態が続いているのでアメリカの意向に逆らって大きく変わることはできない。ただ確実に言えることは、時代が変われば確実に、いま力を持っている人たちは歴史の舞台から退場する。明治維新をはじめ、歴史の転換点というのは、権力を持っていたがゆえに変化を拒否した人たちの没落と、権力のなかった新しい人たちの台頭だ。そこで、期待するのは冒頭で述べたような、きちんと論理的思考をして、自分の考えを述べることができる角田の子供たちのような若い世代だ。

東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命

にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ
にほんブログ村

|

« ジェーン・エア | トップページ | 日本はなぜ基地と原発を止められないのか。(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/61387287

この記事へのトラックバック一覧です: いま角田の子がすごい:

« ジェーン・エア | トップページ | 日本はなぜ基地と原発を止められないのか。(その1) »