« 若者論 | トップページ | オルハン・パムク『雪』 »

2014年12月29日 (月)

センター試験廃止

前回のブログの記事に、20代、30代の若者に自民党支持が多いという記事を紹介したが、そのことと関連して大学入試改革について考えることを記しておきたい。いまの小学6年生の子供たちが大学入試を受けるときから、現行のセンター試験が廃止されて、大学入試では、面接、小論文などの多面的な人物評価試験が課されることになる。センター試験がなぜいけないかというと、1点刻みの細かい知識を問うているからだそうだ。

教育改革の方向性としては、ぼくは賛成する。いまの時代、そしてこれからの時代、量としての知識の重要性はますます薄れていくだろうから、与えられた知識を覚えることにたけた人材は、時代の変化に対応できず新しい時代を切り開いていくことは出来ないだろう。言い古されているが、大事なのは、自分で課題を発見し、その解決策を自分で考える力だ。知識そのものは、昔であれば図書館とか、外国とか、なかなか一般大衆がアクセスできないところに閉じ込められていたが、今は知識=情報はありふれている。大事なのは、知識を暗記することでなく、知識を探すすべを身に着けていることであり、その知識を組み合わせて新しいものを作り出す力だ。

自分で考え、自分で新しいものを作り出していく力。これを身に着けていくには、小論文試験のように、常に自分はどう思うか、どちらの立場をとるか、その理由は何故かを論理的に説明することが求められていないとだめだろう。本来勉強というのは、自分が興味を持ったこと、興味があることを自分で調べてみる。少し、わかる。そうすると新たに次の疑問が浮かぶ。それを解決したくて、またその次を自分で調べてみる。ちょっとわかる…。という正の循環なのだが、今は負の循環に陥っている。やれと言われ、覚えろと言われるから、やる。いやなので、覚える気がしないので、覚えられない。すると、そんなんじゃだめだからもっと覚えろと言われる。するとますますやる気と自発性をなくす。というのが現状だろう。

そこで、最初の保守的な若者の話に戻るが、常にどちらの立場に立つか、自分で考える癖のついた人が多くなれば、中国や韓国から日本を守ってくれる頼もしい安倍さんというイメージを、何も考えずに受け入れ支持する人は少なくなるのじゃないかなと思う。香港の若者が、なぜあれほどまでに政治に関心を持ち、道路まで占拠してしまうかというと、公民教育が大きな原因だということを聞いた。公民教育では、教えられることを素直に覚えるのではなく、常になぜなのか、どうしてなのかを議論することが行われているという。日本でもそうなれば、そもそも国が検定したこの教科書の記述は信頼できるのか、というところから生徒たちが議論し、では「検定制度」とは何か?と疑問を抱き、それについて自分で調べてみて、その良い点・悪い点をまとめてみる、そしてそのうえで自分はどう考え、どちらの立場をとるのか、というふうになるのではないか。自分で考える人間は、急にはできないが、時間が来れば花開くように、自主性や自力で考える種を生徒たちの中に植えておかなければならない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

|

« 若者論 | トップページ | オルハン・パムク『雪』 »

コメント

 ある人から「朗読者」という本を薦められました。石井書店に注文したら直ぐに手許に届きました。桜の咲く時期でしたが、全部読んで更に詳しい描写を何度か振り返ったら夏になっていました。読み進むうちに何と途中で心が重たく感じるようになりました。文庫本なので1週間もあれば読めるから、と言われましたが。
 「朗読者」はベルンハルト・シュリンクが20年も前に発表し、映画化もされているそうです。しかし、私には読む機会がありませんでした。
 2014年の「便り」もまた考えさせられる内容ばかりでした。とくに12月7日衆院選挙、12月11日自由からの逃走、12月15日メディア・リテラシー、12月24日読みたい本・読んだ本、12月27日若者論と核心を突いた鋭い指摘が立て続けに掲載されました。ついにコメントする言葉が出てきませんでした。何かを言おうとすれば、何か暗い穴に落ち込んでしまいそうなことばかりです。
 2015年の今年もまた「便り」を拝読して考えることを続けようと思います。

投稿: まゆ | 2015年1月 1日 (木) 23時20分

まゆさま、コメントありがとうございます。そして、本の紹介もありがとうございます。私も手に取ってみたいと思います。年が明け、戦後70年です。70年を境に大きく変わったと、のちの歴史家からいわれるのでしょうか。それとも戦後100年に向けて平和が持続されていくのでしょうか。今年は大事な年になるのかなと、覚悟しております。

投稿: 原田 禎忠 | 2015年1月 3日 (土) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/58411631

この記事へのトラックバック一覧です: センター試験廃止:

« 若者論 | トップページ | オルハン・パムク『雪』 »