UA-92533382-1 名月何皎皎: よつば農場便り

« 宮城フィル復刻演奏会 | トップページ | 文科省の天下り »

2014年9月 8日 (月)

名月何皎皎

名月何皎皎(ming yue he jiao jiao)は古詩19首のうちの第19首。

この第1句のあとに

照我羅牀幃(zhao wo luo chuan wei)

憂愁不能寐(you chou bu neng mei)

攬衣起徘徊(lan yi qi pai huai)

云々と続いていく。

人が物を思うのは秋。特に秋の名月のころ。澄んだ空気と明るい月は人にものを思わせる。ものを思えば、夜長に寝られない。外に出てたちもとほる。

|

« 宮城フィル復刻演奏会 | トップページ | 文科省の天下り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名月何皎皎:

« 宮城フィル復刻演奏会 | トップページ | 文科省の天下り »