UA-92533382-1 状況はコントロールされている: よつば農場便り

« 特になし―あれこれ | トップページ | 石破氏の市民運動テロ発言 »

2013年12月 2日 (月)

状況はコントロールされている

福島原発内部で働く『ハッピーさん』という人が、原発の事故現場の状況を伝える本を出した。「福島第一原発収束作業日記 3.11からの700日間」

この人が指摘しているのは、今現場ではベテラン作業員が少なくなっていて、素人が増えているので簡単な作業ミスが起こってしまうということが一つだ。ベテランさんは、線量を浴びてしまっているのでこれ以上作業できなくなっている。ベテランさんが班長のようになって、新人さんを教育していくものだが、受け持ちの新人の数も増えていちいち詳しくは教えてあげられないというのが現状だそうだ。ベテラン原発作業員は、今までもそうしてきたが各地の原発を渡り歩いていて、もしほかの原発が再開されれば、危険な福島にいるよりは、そちらの方に皆いくだろうから、現場はますますダメになるということだ。

素人のぼくには、こういう話を聞くと原発再稼働がいかに馬鹿げたもので、まずは事故を収束するのに全力を挙げるべきだと思うのだが、もちろん、専門家さんや、政治家さん、官僚さん、電力さんの見方は違う。

こうした現場の情報が出てくるのも内部告発や情報提供が許されているからだ。情報をみなが広く知って議論してより良い到達点や着地点を目指そうというのが民主主義の理念だが、民主主義が嫌いなお方には、こうした情報の公開はとんでもなく苦々しいものだ。

|

« 特になし―あれこれ | トップページ | 石破氏の市民運動テロ発言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 状況はコントロールされている:

« 特になし―あれこれ | トップページ | 石破氏の市民運動テロ発言 »