UA-92533382-1 大防潮堤計画: よつば農場便り

« 石破氏の市民運動テロ発言 | トップページ | 『医学的根拠とは何か』津田 敏秀 »

2013年12月 5日 (木)

大防潮堤計画

12月4日の朝FM東京で宮城県の村井知事の大防潮堤計画が報道されていた。これでもっと全国のこの問題についての関心が強まればよいのだが。昭恵夫人の発言のおかげなんだろうか、村井知事を支援する自民党の本部からも、大防潮堤計画の見直しという声が出ているとの報道があった。これも、地元からゼネコンだけが儲かり、自然を無視したこんな計画はおかしいという声をあげてきたのも力になったのだろうと思う。何しろ無人島にも大防潮堤を作るというのだから。

村井知事は県民の30パーセントの人に支持され、対立候補に圧勝した。棄権した人が大量にいるからだが、昔ながらの、つまり自然を壊してでも公共工事をやり、そこで政官財でお金を回すやり方に執着する支持者たちの組織的支援を受けている。だが、そういうやり方がもう通用しなくなっているということは明らかだ。目覚めた民衆はもっと違う方向を見ている。大防潮堤で自然と人との交わりを遮断してしまうのでなく、例えば、広葉樹の防潮林を植えて、もっと長く人と自然が付き合っていける方向を見ているのだ。

今までの「仕組み」がなくなってしまうことに対する抵抗勢力の抵抗は大きい。最後のあがきが、「秘密保護法」などの「目隠し作戦」で、民衆がこれ以上目を覚まさないでということだろう。

|

« 石破氏の市民運動テロ発言 | トップページ | 『医学的根拠とは何か』津田 敏秀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大防潮堤計画:

« 石破氏の市民運動テロ発言 | トップページ | 『医学的根拠とは何か』津田 敏秀 »