UA-92533382-1 こうもり: よつば農場便り

« 風評 | トップページ | 東京オリンピック »

2013年9月 8日 (日)

こうもり

仙台オペラ協会の「こうもり」を見に行った。日本語での上演で、筋が分かりとてもよかった。それになんていっても、誰もが聞いたことがあるおなじみの名曲ばかり。歌はもちろん素晴らしかったが、演技もみなさん素晴らしい「役者」ぞろいだった。とにかく楽しく過ごせた夜だった。舞台装置や衣装も素晴らしかったが、やる方は大変だろうなと思った。なんせ、お金がかかることである。こういう、文化的なものを地域が維持できるのか、ということでその地域の力が問われる。

地方のオーケストラや劇場の維持は、多分どこでも大変な現状があるはずだ。仙台には、仙台フィルがあるし、こうしてオペラ協会もある。市民一人一人がもっとコンサートに足を運ぶことが大事だと思うが、やはりパトロンというかスポンサーも必要なんだろう。仙台のオペラ協会は、地元デパートの藤崎が顔役のスポンサーさんだ。中世の自治都市堺は、やはり豪商などがいたから権力者に屈せず、利休のような文化人が生まれたと聞く。自分が住んでいるところを、面白くする、これが大事だと思う。

|

« 風評 | トップページ | 東京オリンピック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こうもり:

« 風評 | トップページ | 東京オリンピック »