UA-92533382-1 シリア空爆: よつば農場便り

« オープンキャンパス | トップページ | 子供引取り »

2013年9月 1日 (日)

シリア空爆

アメリカがシリアを空爆するかもしれない。シリアの市民は空爆を見越して、市街地からどんどん逃げているらしい。軍の施設もアメリカからの襲撃を恐れて軍人が逃げているという話もあるが、逆に、反体制派人たちを軍の施設に集めているという情報も。そうだとしたら、これは人間の盾だ。シリアとしたら、アメリカの空爆で無辜の人がこんなに殺されましたと世界に向けてアピールできるわけだし、反体制派の処刑の手間も省けるわけで一石二鳥だ。

しかし、政府にたてつくということは勇気がいる恐ろしいことだ。日本も憲法が変えられ集団的自衛権などを認めようとしているが、言論の自由も守られるのだろうか?政府のやることに反対するものは、つかまって「人間の盾」にされるなんて悪夢のような日は来ないでほしいものだ。

|

« オープンキャンパス | トップページ | 子供引取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリア空爆:

« オープンキャンパス | トップページ | 子供引取り »