UA-92533382-1 桜満開: よつば農場便り

« 福島原発水漏れ事故 | トップページ | 原発の精神分析 »

2013年4月15日 (月)

桜満開

昨日の日曜日は暖かく、仙台から南の宮城県では桜が満開となった。大河原の一目千本桜にもたくさんのお客さんが詰めかけ、東北本線も満員だった。

桜の花を、見ることができるというのは感慨がある。2年前の春は、不安な生活の中で桜の花を見る余裕はなかったし、昨年の春は、引っ越しのことで悩んでいてやはり花を眺める余裕はなかった。そして、今年も桜の季節がやって来た。この季節に巡り合えたことに感謝しなければならないし、この季節にしか見ることのできない桜を眺めておかなければという気持ちもあり、だから、今年も桜を見ることができたというので、感慨があるのかもしれない。

昨日は、宮城県南で健康調査をしているグループのお手伝いを少しし、自身も血液検査と甲状腺の検査をしてもらった。そして、そのあとそのグループの方たちと放射能と健康への影響についての勉強会に参加した。

このグループの方たちは自主的に検査を企画し、ボランティアで運営している。本来は行政がやるべきことをやらないから、やっているのだ。こういう人たちがいること自体、日本人や日本社会の底力を見る思いで、力強く感じる。そして、協力してくれる医師をはじめ医療関係者の存在もありがたい。

|

« 福島原発水漏れ事故 | トップページ | 原発の精神分析 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜満開:

« 福島原発水漏れ事故 | トップページ | 原発の精神分析 »