« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月26日 (火)

塀の中のジュリアス・シーザー

『塀の中のジュリアス・シーザー』、これはいい映画だ。ベルリン映画祭でも金熊賞を取った。出てくる人たちは、名役者ぞろいだ。しかも、長期刑を食らった重犯者ばかり。そう、これは刑務所の中で、服役囚が、シェークスピアの「ジュリアス・シーザー」を演目に選び、稽古し披露していくという話だ。というか、出てくる人たち、本物のマフィアだとか、犯罪者たちで服役している人たちなのだ。ものすごく存在感がある人たちなのだが、稽古しているうちに昔の裏切りのことを思い出したり、刑務所内での実際の人間関係のいざこざが顔を出し喧嘩しそうになったり、そのあたりもすごいのだ。

さて、この映画で考えさせられたこと。

まず一つは演劇が持つ人間を癒す力、ということだ。この演劇はワークショップではないが、おそらく実際の更生教育の一環として行われているのだろう。彼らは、役柄になり演じていることで、確実に再生しているし、目覚めているということが見ていて伝わってくる。実際、世の中には、演劇療法なるものもあり、日本でも学校教育の中で、演劇がもっと取り入れられてもいいと思う。演じることで、感情の葛藤なども解消することができるので、いじめなどの人間関係の改善などにも役立つと思うのだ。

そして、学校だけでなく、社会人や大人にこそ演劇が必要だと、この映画を見ていて思った。私たちは、普段よい社会人や、よい父親やよい母親などを演じているわけだが、この演技には人を再生させる力はない。そうではなくて、この「ジュリアス・シーザー』の演劇のように、その役柄の喜怒哀楽や運命を追体験し、その感情にひたりきり、その感情を通過することで、自分が再生され新しくなれるそういう演劇を演じることが必要なのだ。近代以前の社会では、例えば祭りや通過儀礼のような人を再生させ解放させる装置があったが、今はない。そういった装置に代わるものが演劇なのではないかと思った。

もう一つは、シェークスピア劇が持つ偉大な芸術性を改めて感じた。

偉大な芸術・良質な芸術にはカタルシスがあるが、「ジュリアス・シーザー」にも、見る者・演じる者の魂を浄化し、高みに導く力=カタルシスがある。ブルータスが、独裁者シーザ-を暗殺しようとする。ブルータスはシーザーの親友でもある。だから、友を裏切るブルータスは苦悩する。自由と民主主義を守るという崇高な目的のために、シーザーの暗殺を決行。有名なセリフ、『ブルータスおまえもか』と言われる。シーザーの後継者アントニーによる反撃。運命の転変によるブルータス一味の敗北と自害。ブルータスを演じる者、見る者、ともに、ブルータスの人生に自分を重ね合わせてさまざまな感情と苦悩を追体験し、最後はカタルシスに導かれる。

映画の最後は、演者たちのその後が紹介される。ブルータスの役の彼は出所後に俳優に転じた。ブルータスの仲間カシウス役の囚人は、どう見ても哲学者にしか見えない風貌をしている。その彼は、塀の中で著作をあらわしたそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

妹の誕生日

P3231003_640x480


妹の誕生日だったので、お姉さんが1日がかりでケーキを作りました。スポンジから焼いたのですよ。直径20センチくらいでしょうか。お店で売っているショートケーキが10個くらいとれるやつです。正面についているのは、妹の好きなキャラをチョコレートで作ってやったものです。「マギ」という漫画のモルジアナだそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

若冲が来てくれました

宮城県博物館で、若冲を中心に江戸時代の絵画の展覧会をやっている。このすごいコレクションはアメリカのプライス氏のもので、震災後の被災地を励まそうとのご厚意で特別に貸してくれたものだそうで、だから、子供は無料で見ることができるようになっている、ありがたいものだ。昨日の祝日に、下の娘と見てきた。

若冲のきれいな色で描かれたニワトリなどの有名な絵ももちろんよかったが、それ以外の作者の絵もとてもよかった。まず、墨絵の伝統というのだろうか、一本の筆で書かれた黒い線が、これほどまでに、豊かな表情を生み、豊かな表現を作るのだということに、改めて気づかされた。つい、印象派などの西洋美術などが本物と、私たち日本人は舶来物を尊敬してしまうが、東洋や日本の絵画も本当にすごい表現力なのだということを改めて感じた。安倍首相や、自民党の方々よりも、私は声を大にして「日本人でよかった。日本文化を誇りに思う」と言いたい。

会場ごとに、娘とどの絵が良かったと話しながら見たが、二人の意見が一致したのは、墨で書かれた6頭の馬の大きな屏風図だった。

次に何が良かったかというと、日本人の動物や植物に対する温かいまなざしを感じられたことだ。動物の絵や植物の絵がたくさん展示されていた。ふわふわの毛のサルなど、思わず触ってみたくなるようなものばかりだ。うまい下手というよりも、日本人の自然に対する愛情や優しい気持ちがどの絵にも感じられるのだ。日本人は、やはり自然とともに、生きてきたのだということを改めて感じさせられた。(江戸時代なので、トラの実物を見た画家はいなかったのだろう。トラは皆猫みたいでかわいかった)そういう伝統的な日本人の感性を大切にしていきたい。

最後に、この展覧会が実現する根本となった、コレクターのプライス氏の好意がうれしかった。彼はアメリカ人で、テレビで震災の様子を見て心を痛めたそうだ。そして、遠くにいても私たちの心を慰め、励ましてくれようと、好意を寄せてくれた。その志が何と言っても尊いし、私にはうれしい。正直言って、津波や地震のことは忘れたい。原発事故のことも、原発が制御不能になってまた壊れそうなことも忘れたい。でも、忘れることは出来ない。だが、こういう美術品に触れていると、やなことも忘れられ、元気がもらえたのだ。ありがとう若冲展。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

日曜日の脱原発デモ

P3160999_640x480

16日の脱原発集会では、脱原発アイドル藤波心ちゃんを招いて、発言してもらった。高校1年生だそうだが、話の内容や発言がしっかりしていて、頭のよさに感心した。すでに高卒認定資格を取ってしまったという。アイドル活動で学校に通えないのだろうが、きちんと自分でも勉強しているのだ。えらい。

昼間の部に続いて、夜は福島県の前知事の佐藤栄佐久さんや、福島在住で各分野で活動している方々を招いて、話を聞いた。佐藤さんは、原発政策に異を唱えたことで、不当逮捕され、追い詰められた親族をなくしている。

福島の田村氏で有機農業を30年続けている農家の方からは、トマトから放射性物質が検出され、お客さんが3分の1になってしまった話を聞いた。この方は、冬は人形劇をやっていて、今度の事故を題材にした劇を少し披露してくれた。人形は表情がないが、見ているものには大変豊かな表情を持っているように見えるのが不思議だった。そして、喪失の悲しみがとてもよく伝わってきた。

福島の除染労働の問題に取り組んでいる方もいた。福島の除染労働に携わっている人たちは、派遣切りに会ってぎりぎりの生活を送ってきた人たちで、仕事の内容もしっかり確認せず連れてこられた人が多い。除染に実際に携わる人たちは4次下請けに入る。元受は、東京の大手ゼネコン。2次は、そのゼネコンの同族の地元企業。3次は、何と東京電力の子会社。東電もしっかり事故で儲けている。そして、4次下請けに入るころには、労賃も少なくなっているし、もらえるはずの危険手当ももらえていない。それでいて、原発から20キロ圏内の除染をやらされているという。

原発を運転するにしても、事故を処理するにしても、原発はこういう差別労働なしでは成り立たないものだ。誰かの不幸の上に誰かの幸せが成り立っているのは、公平(フェア)なことではない。人間ならふつう持っている「公平の精神」に、反するものは長く続かないはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

ガイア

James LovelockのThe revenge of Gaiaを読んでいる。Lovelock氏は「ガイア」という発想の生みの親だ。ガイアとは、生命体としての地球ということで、地球全体を自律性・恒常性を持ったひとつの生き物のようにとらえる思想で、環境問題を考えていくには重要な発想になっていく。もともと、東洋や日本には、自然すべての命を尊ぶという発想はあったが、西洋で発達した科学―これは物質と心を分離し、対象を客観的に細かく分析していくことで発展してきた―の中に、科学の新しい発想としてガイアという概念が受け入れられるのはとても意義あることだと思う。

さて、このLovelock氏は、原発も核融合にも賛成している。この著作が福島原発事故の前に書かれているということもあるのだが、ガイアを提唱する人なら原発も核融合にも反対するだろうというのは、私の先入観だった。氏の意見として印象に残っている個所は、「どうせ人間は3分の1ががんで死ぬのだから、放射能で多少がんのリスクが上がっても、くよくよするな」ということだ。

これは、先日引用した読売新聞の社説と同じであるし、福島県の医療アドバイサー山下氏や宮城県の医療アドバイザー川島氏とも同じ意見である。というか、Lovelock氏の影響力を考えると、原発推進派の意見は、彼から大きな影響を受けているということだ。

素人としては、彼らの意見は部分部分はあっているが、(例えば「3分の1の人ががんで死ぬ」とか)、だが全体としてはどこかおかしいと直感的に感じる。しかし、数学や統計学に通じていない悲しさ、それを同じ学問的な土俵に立って科学的に反論することができない。(やはり、数学や統計学といった大事な学問を昔サボったことは後悔される。その時にならないと、なぜこの勉強が大事なのかというのが分からないのが、人間の悲しいところだ)

原発事故後は、推進派の学者も数多くマスコミに登場したが、そういう専門家の罪深さは、数学や物理といった、素人が最も苦手な分野をたてに、議論の方向を見えなくしようとしたことだ。もちろん、今回の事故で痛切に思うのは、専門家にお任せして騙されないだけの科学的リテラシーを、市民側も身につけなくてはいけないということだ。

さて、数学と統計学はいずれ勉強しなおすとして、彼らの意見の変だと思うところを、素人の直観で述べると、病気になるかならないかは、本人にとってはなれば100パーセントだし、ならなければ0パーセントなのではないかということだ。自分の子供のことを思う時も同じで、病気になれば100パーセントだし、ならなければ0パーセントで、つまり、普通の人はなるか、ならないかでしか考えない、ということで、これが多くの素人=非専門家の感じ方だ。

例えば、ポリープが見つかって、医師から何センチのポリープであればがんになる確率が何パーセント、と言われても、それが本人にとって意味があることなのだろうか。本人にとっては、なるか・ならないか、100か0でしか考えられないと思う。

例えば、病院で、こういう100か0でしか考えられない、素人一人一人を本気で対応していたら、とても手間がかかり大変だと思う。やはり、確率何パーセントで考えて、流れ作業的に対応していくのが楽であろう。医療関係者でありながら、原発擁護の福島県の医療アドバイサー山下氏や宮城県の医療アドバイザー川島氏の発想はこういう発想なのだろうと思う。

それに対して医師の鎌田實氏などは、彼の著作を読むとわかるのだが、100か0でしか考えられない患者に対し、患者の発想に寄り添って対応した。こういう対応では、医療従事者も体が持たないほど大変だと思うが、これが鎌田氏が長野の傾いていた病院を建て直したやりかただっだ。そして、鎌田氏が原発に批判的なのも偶然ではないと思う。

さて、考えるとこの問題は難しい。午後は、町に出て意思表示のためにウォーキングをしてこよう。今日は仙台で大きな集会とデモが予定されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

製造物責任

ガス湯沸かし器の会社が、不完全燃焼による死亡事故を起こした自社責任を問われたことがある。最近では、長崎の老人ホームで火事になり死亡事故が起こった件で、加湿器の製造メーカーが責任を認め謝罪した。こんなふうに、メーカーは道義的にも法律的にも、自社製品に対して責任を負う。

だが、唯一事故の責任を問われないメーカーは、原発製造会社だ。日本では原発を作っている大手が3社あるが、法律的には事故については免責になっている。というか、事故の責任など、単なる1メーカーで負えるものでないのが、原発事故であり、日本では原発製造会社の責任を追及する法律はない。

だが、法律的にないといっても、果たして道義的に許されるのだろうか?しかも、この3社は、原発部門で海外展開を積極的にしていく予定で、売上高大幅アップの計画を立てている。

インドで化学工場が爆発し、たくさんの人が被害にあった事故を覚えているだろうか。事故を起こしたアメリカの会社は、事故後さっさと逃げてしまい、地元の人に対する賠償に応じていない。さすがに、インドはこの件に懲りて、海外企業に製造物責任を負わせる法律を導入しようとしているらしい。インドも原発大国を目指していて、原発関連の海外企業が進出を目指しているが、本当に責任を負おうとすれば、企業としてはとても採算が合わないと思うのだが、インド人の命の値段を値切るつもりなのだろうか。

インドのほかにタイやベトナムにも日本の原発の輸出が行われようとしている。ベトナムなどでは、言論の自由がなく、政府が決めた計画に批判が許されないような状況だそうだ。ベトナムの漁民たちは、知らないうちに立ち退かされたり事故の被害にあっても、ろくに保障もされないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

2年

震災と原発事故から2年がたった。先日NHKで福島の除染について報じていたが、私が興味を持ったのは、山の除染だ。福島でも、宮城でも、岩手でも豊かな山林や里山が広がっていて、私の大好きな風景だった。そこに、放射性物質が降り注いでしまった。広大な山林を除染することが果たして出来るのだろうか、山とかかわり薪をもらったり山菜をいただいたりする生活が果たして再びできるのか、というのが私の関心事だ。

番組では、山の杉を1本倒していた。そして、上・中・下と高さに応じて分けて、杉の葉を採取して放射線の高さを調べていた。その結果、杉の木のてっぺんにある方の葉の放射線量が依然として高い、だから山林の放射線量もあまり下がっていないということが分かった。

ここから分かることは、なにかというと、山林に降りそそいだ放射性物資が、山林の床土に落ち、そして再び根から吸収されて木に入り、循環を始めているのではないか、ということだ。杉の木はかなり背が高い。でも、驚くべきことに何十メートルの高さまで植物は、水や養分を吸い上げるのだ。てっぺんは生長点だから、優先的に栄養分等が送られる。だから上の方の葉に放射性物質が濃くたまる。

こうして放射物質の循環が山で始まってしまったら、長い年月の間、山の放射線は下がらないだろう。だが、逆にこうして山や森が放射性物質を捕まえてくれているから、里の方(人が住むところ)に放射性物質が拡散しないで、人が住んでいられるのかもしれない。まさに『風の谷のナウシカ』の世界だ。

人類が経験したことがない原発事故で、その後放射性物質がどのようにふるまっているのかをしっかり研究すべきだ。(あってほしくはないが、その経験やデータが第2、第3の事故にも役立つ)。だが、そういう地味だが、大事な研究は、民間人・市民放射能測定室や篤志の研究者が、ボランティアでやっている。山の科学的な状況がどうなっているのかを確かめもしないで、除染を行えば、大事な復興費用がゼネコンの餌食になるだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

共感の時代

"The age of empathy" Frans De Wall著を読了。いい本だった。「共感の時代へ」という翻訳も出ている。霊長類の研究者として、チンパンジーなどの行動を研究し、彼らは共感する能力―仲間が今どういう感情を持っているかがわかり、それに合わせた行動をとることができる、だから、喧嘩した後で、その緊張をほぐし関係を回復する手段を持っている、ということなどを例証し、そこから、人間社会や人間どうしの関係について、大変示唆のある論考をしているすぐれた著作だ。この時代のベストセラーということは、いま「共感」が人間社会でも求められているということだろう。

印象に残った話はたくさんあったが、一つ、男女の違いについて。女性の方が、男性よりも共感する能力は高いとのこと。これは、あかちゃんの時からだそう。女の赤ちゃんは、人の顔をより長い時間見ているが、男の赤ちゃんは、ベッドの上につるされている機械仕掛けのおもちゃなどを見ている時間が長い。人の顔に興味があるということは、他人が何を感じているかに敏感に反応しているということ。だから、長じても、女の子は家族の誰かかが苦しんだりしたり困ったりしていることに敏感で、その人に寄り添い声をかけたりすることがおおい。男の子は、人間よりも動いているものに興味があり、なにかを組み立て作るのが好きだという。

これは、実証的な観察と研究から、そういえるのだそうで、フェミニストがいうように「人形を与え、ピンクの服を着せるから女になり、車のおもちゃを与え青い服を着せるから男になる」というのではない。生物学的な男女の違いということで、自分の子育て経験や、他の家の小さい子を見てきた経験とも合致する。

ということで、男が、大きな橋やトンネルとか強大な堤防とか、原発やミサイルを作りたがるのも生物学的には納得できることだ。だが、これからは「共感」の時代なのである。政治も経済も男だけが推し進めてきた時代(例えば、典型的なのは、昔の自民党のような男だけの集団)は早く終わってほしいのである。そうでないと、種としての人間は生き延びられないと思う。

なぜ、経済学という学問が女性に不人気なのか(経済学部やその院に女性が少ないか)?それは今の経済学の主流的な考えが「各人が他人を顧みず、自分の利益だけを追求していけば、あとは市場の見えざる神の手が働き、全体がうまくいく」という小泉さんや竹中さん流の考えが根本にあるからだ。

会社もそうだ。会社の最大の目的は「利益を追求すること」で果たしていいのだろうか?「利益が最大になるように活動する」ことに、自分の人生を託していいのだろうか?(もちろん、利益が生まれなければ、会社も存続できないという理屈は分かるのだが)

これからの「共感の時代」は、当然女性がもっと社会の前面に出てきて、彼女たちが生き生きと働き、活躍できる社会に向かっていくべきだ。彼女たちが得意な分野が社会の主流になり、そこでお金もまわって経済もまわっていくのが、持続可能な社会として望ましい。例えば、カフェのような飲食提供のお仕事は女性に人気が高い。それは、人が喜ぶ姿を直接見ることができるから、というような女性共感能力の高さとも無関係ではないと思う。

さてここまで、男性は分が悪いが、「戦争」は男性的な分野である。だが、この著作によれば、確かに人間は暴力的・競争的な傾向がありそれは否定することが出来ないが、決して本能にぬきがたく根ざしているわけではない。戦争を賛美し、「相手を徹底的の叩きのめせ」と声高に言うのは、戦争を知らない、現場から遠く離れたところにいる人間だけだとシャーマン将軍の言葉が引用されていた。『強い日本』を取り戻そうとしていらっしゃる方々も、ぜひ現場に立ってみてください。(でも、そういう現場が起こらないことを願いますが)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

タイマグラ それぞれの旅たち

タイマグラに行ってきた。タイマグラは岩手の早池峰山のふもとにある。そこで民宿をやっている奥畑さんと知り合い、行くたびにいろいろなことを教えてもらい考えさせる材料をもらう、ぼくの原点のような場所だ。久しぶりだったので、何だがとても懐かしく、いるだけで心癒される場所だ。奥畑さんは、この地でついに25年も宿をやっている。僕らが知り合い付き合った年月も、それと同じだけたったのだ。

奥畑さんのおうちの子供たちも、そして近くに住む弟さん夫婦の家の子供も、大きくなって、それぞれ4月から新しい生活を始める。みんな小さいころから見て知っているので、感慨深い。

M君。今度高1である。隠岐の島に国内留学する。親元を離れての一人暮らしだ。背が高くなり、とても大人っぽい。「お湯かげんいかがですか」とちゃんと宿の番頭さんのお仕事をこなす、しっかりした青年だ。

S君。あんなに小っちゃくて、丸っこくてかわいかったのに、こんなに大きくなり、大人っぽくなり驚いた。今度中1。おかあさんから早く寝なさいと怒られていたが、大人っぽい雰囲気なので、遅くまで起きてて全然違和感なし。

Yちゃん。きれいな御嬢さんになっていてびっくり。今度高1。顔が小さくて背がスラリ。どうして、今の若い人はこんなふうに、モデルさんみたいなんでしょう。Yちゃんも親元を離れての生活とのこと。

タイマグラの子は、みんなしっかりしている。でも、4月からは子供が少なくなって、少しさみしいかな。こうやって、皆も生活上の変化があるのである。ちょっと静かになるかもしれないタイマグラにまた行って、奥畑さんと話をしてきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

先祖になる

岩手県陸前高田氏の津波被災地で、家を建て直した佐藤直志さんを追ったドキュメンタリー映画「先祖になる」を桜井薬局ホールで見ました。陸前高田市は、かつて私が住んでいた住田町の隣なので、まず言葉が懐かしかった。改めて、仙台や宮城の言葉とはまた違った気仙地方の言葉の良さを思い出した。そして、佐藤直志さんは、私がお世話になったおうちの爺ちゃんとも風貌が似ていた。映画に出てくる人たちの風貌も何となく懐かしかった。やはり、その土地土地で、特徴的な顔立ちというのはあると思う。

佐藤さんは半農半林業の暮らしをしていて、自分で山から杉を切り出してくる。家を建てるのは気仙大工さんたちだ。陸前高田あたりでは腕のいい大工職人集団がいて、それが気仙大工だ。木の刻みや軸組工法が映画でうつされていたが、職人技の良さが伝わってくる。工場で組み立てられる近代住宅にはない良さだ。

佐藤さんの自給的な暮らしをうらやましいと思う。今、仙台に暮らしていてなんでも金で買ってくる生活は、やはり疑問に思う。原発さえなければ、東北は食料も住宅も全部自前で賄える、豊かなところなのだが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

スキー

下の娘がスキーに行きたいというので、親として子供の願いを無視するのもかわいそうなので、行ってきました。ついでに温泉も。ぼくとしては、もう体を動かすのよりも、温泉ですが、子供に付き合って体を動かすのも若返れていいのかなとも思いました。

本当は昨日スキーに行こうと思ったのですが、山(宮城蔵王)はとんでもない強風。雪が吹き付けると目の前が見えなくなるし、たっていられないくらいの強い風が吹き、スキー場のリフトも停止でした。そこで、温泉に泊まり、夜はのんびりWBCの試合を見てました。(今日のニュースで知ったのですが、北海道では大荒れの雪で死者が出たとのこと。山の荒れた天気を見ていると、死ぬ人が出るのも、納得できます)

今日は、何とか風が収まり1日リフト券で、元を取るくらいは滑ったでしょうか。3月なので、雪がすこしシャーベット状になっていて、滑りにくかったですが。

地方に住んでいると、スキーでも温泉でも身近に行けて、ありがたいものです。地方は、自然から恵まれたものを生かして暮らしていけば、別によその暮らしがうらやましいと感じることもないと思うのですが。だから、自然をこわしたり汚染したりするようなことが、地方を愛する住人にとっては一番迷惑なことです。やめてもらいたい。

参考までに今日の読売新聞の社説です。「東京電力福島第一原子力発電所事故による被曝で健康影響が出る恐れは極めて小さいだろう。この事故の健康リスクは低い、と評価した報告書をWHOが公表した。(途中略)政府などの調査では、ほとんどの住民の被曝線量は10ミリ・シーベルト以下と推計している。胸の精密放射線診断1回で浴びる程度の量だ。(途中略)避難区域に含まれる福島県浪江町では、1歳女児が16歳までに甲状腺がんを発症する確率が、平時の0.0040%から、約9倍の0.0365%になった。それでも、対象年齢の女児が100人とすると、事故後の患者数が1人に満たない計算である。一般に日本人の2人に1人はがんになる。最大の原因は喫煙や食生活だ。被曝の影響はデータとしては検出できないほど小さい。(後略)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »