UA-92533382-1 意外と保守的: よつば農場便り

« 灰とセシウムの関係 | トップページ | お寺めぐりなど »

2012年8月14日 (火)

意外と保守的

原発の将来比率をどうするかということについての世論調査が新聞に出ていた。世代別に調べてあるのだが、60代以上では0パーセント支持率が一番高いのに対して、20代の若者世代では15パーセント支持率が一番高いという。

今までの世代が享楽的な生活を送ってきて、その後始末として核のゴミや環境汚染の付けを回されるのは、若い世代だというのに彼らは原発比率0パーセントを支持しないのだろうか。彼らは素直だから、「原発がないと電気が足りない」というプロパガンダを本気で信じているのだろうか。

若い世代の保守化が気になる。彼らは、右肩下がりの経済状況下で就職口は少ないし、上の世代を支えるために消費税はたくさん払わなくちゃいけないし、自分たちの年金はもらえる見込みはないし、環境汚染のせいで喘息やアトピーで苦しむ子が多いし、全部自分のせいじゃないことで一番苦しんでいる世代なのに、なぜ怒らないのだろう?目上の人の言うことには従いなさいという学校教育が浸透しているせいだろうか?自分で考える習慣がないせいだろうか?

若い人たちと話して、本音を聞いてみなくちゃならない。

|

« 灰とセシウムの関係 | トップページ | お寺めぐりなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外と保守的:

« 灰とセシウムの関係 | トップページ | お寺めぐりなど »