« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

ハワイ旅行

上の娘が今年の3月小学校を卒業する。そこで、卒業記念旅行として『ハワイ』に行ってきた。3月以降は忙しくなり旅行などできないので、今のうちにしておこうとなったわけだ。初めての海外旅行、子供たちの思い出になったと思う。

わずか1泊2日の旅だが、1日目は『ハワイ』のすぐそばにある水族館見物をした。ここは、初めてさんまの人工飼育に成功したところとして有名なところだ。展示も素晴らしく見ほれてしまうが、実は自然環境などについて学習できる素晴らしいところでもあるのだ。

しかし、つい美味しそうだななどと思ってしまうのだ。

110226_162801

そして、2日目はいよいよ『ハワイ』だ。ここは昔、石炭が掘れたところだが、エネルギー革命のせいで閉炭となり、そこに温水プール施設を建てたものだ。炭鉱で働いていた一家の娘さん達をフラガールとして躍らせそれが売りとなり人気を博したものだ。その経緯は映画『フラガール』に詳しい。

今日は『フラ』の全国大会が行われていてそのせいで入場料が半額になり、たくさんの人で込み合っていた。子供たちも水上滑り台などをして満足したことだろう。

『ハワイ』へは高速道路を使えば2時間半くらいでいける。我々は車も運転しくたびれたが、子供たちは楽しく遊んで満足だったのではなないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

留学生のホームステイ

東京工業大学の大学院生20名が農村体験をしたいということで、今、角田市に来ている。わが家でもトルコからの留学生(というか研究者)を受け入れている。今日は、夜皆で集まってカラオケパーティーだ。

普段は真面目な理系の学生達だが、だんだん盛り上がってコスチュームまで登場した。東工大の先生によると、ふだんは研究が忙しく、研究室と寮との往復だけで日本の文化を体験する暇がないというので、大学が企画して、農村体験プログラムを企画したところ、学生さん達には人気だそうだ。

日本のいい思い出を持ってそれぞれの母国に帰っていってほしいものだ。

110223_205902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

味噌作り体験会

日曜日の今日、味噌作り体験会に、9人の方に集まっていただきました。味噌の原料は『大豆、米、塩』と案外単純ですが、1人で大豆を潰したりするのはやはり、大変。そこで、皆で集まって作業をすると、気持も楽だし、仕事のはかも行きます。

皆様の集まる前に、大豆を水に浸し一晩、そして朝からその大豆を煮るといった下準備をしておきました。

Pic_0540 集合し、明子さんから説明を聞き、潰した大豆に、塩、麹を混ぜて、ツボにつめて出来上がりです。

Pic_0543

Pic_0546

Pic_0550

Pic_0552

Pic_0556

皆でやったので予想より早くお昼になり、楽しくおしゃべりをして解散になりました。

Pic_0565

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

壁塗り仕上げ

Pic_0426

小3の娘がバレンタインのロールチョコケーキを作りました。まだ意中の男の子はいないみたいで、女の子にあげるみたいですが、これを食べて今日の壁塗りの仕上げ仕事をしました。

Pic_0433

使用した漆喰はこれです。スイスでは良質の石灰岩が取れるということで、スイスの町並みは白くて綺麗だそうです。ご自宅を漆喰で塗りたい方はメーカーさんを紹介いたします。

Pic_0435

職人さんが見本を見せてくれます。漆喰も下塗りと本塗りの2回をします。見てると簡単そうですがやはり自分でやるとなるとなかなか大変です。

Pic_0441

職人さんの下塗りの仕上がりはこんなかんじできれいです。さて、今日もワークショップ方式ですので参加者の方々に塗っていっていただきました。

Pic_0444

そして自分達も。

Pic_0457

Pic_0461

子供たちは壁にビーズを埋め込み、装飾を付けました。遊び心ですが、こうして家の補修などに関って行けば、毎日の暮らしの中で思い出したり感じたりすることもあり、子供たちにとってもいいことでしょう。

Pic_0463

Pic_0475

こうして参加者皆様のお陰で、壁が仕上がりました。私たちも大変満足しています。今日の参加者の皆さんがまたわが家に来ていただいたとき、あの壁は私が塗った、ということで懐かしく思い出してくださり、愛着を感じていただければいいなと思っています。

Pic_0472

皆様に感謝をこめて明子さんが作った昼食をのせておきます。皆で楽しくお昼をいただき、お開きとなりました。

Pic_0482

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

壁塗り

居間の壁が古くなったので、壁を塗りなおすことにしました。天然漆喰で仕上げます。喘息の娘のためにも、調湿作用のある天然素材のものを使った家作りをしたいというのと、縁あって建築関係の方々と知り合うことが出来ご協力をいただけることになったからです。

自分たちだけでこの素晴らしい体験を終わらせてしまうのはもったいないので、多くの人に参加して体験していただくワークショップ形式にしました。工程は今日と明日の2日に渡ります。今日は、壁面や床面の養生と、下地塗りの作業です。明日はお楽しみの漆喰塗り作業です。

今日の様子を写真で紹介します。マスキングテープなどを使い養生していき、漆喰がよくつくように下地塗りをしていきます。もちろん職人さんに指導していただきながらです。

Pic_0381

Pic_0383

Pic_0386

Pic_0390

Pic_0404

Pic_0418

Pic_0411

Pic_0415

Pic_0417

明日13日の漆喰壁塗りにご興味のある方、ご自宅の改装をしてみたいと考えている方など、お気軽に参加してください。お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

味噌作り体験会

2月の体験会は『味噌作り』です。平日ですが、参加していただいた方々と楽しく味噌作りを行いました。

Pic_0351 先ずは、段取りの説明を明子さんからします。米麹は明子さんがおとといから仕込んでいました。温度も順調にあがりいいにおいがし始め順調に出来上がりました。使った米は角田の堀米荘一さんのものです。直売所の『あぐりっと』で手に入りますので皆さんもどうぞ。大豆も昨晩から水にうるかし(『浸す』の方言です)、朝煮ておきました。大豆は角田の面川義明さんのものです。わが家では大豆を自給できる能力がないのが残念です。

Pic_0357 麹と塩それぞれ600グラム混ぜ合わせます。

Pic_0356 煮た大豆は別に潰します。

Pic_0360 両者を混ぜ合わせていきます。その時は素手です。自分の手にある菌も一緒に仕込んでいきます。これで世の中にたった一つの『手前味噌』ができていきます。

Pic_0364 持参の容器に詰め合わせていき、一番上の表面には塩をまぶし、腐敗防止とします。

このように、豆を潰すのをお互いに協力し合って、それぞれの手前味噌を仕込んでいきました。大豆を潰していくのは大変な作業ですが、みんなで集まってお喋りしながら行うと時間も立つのも速く楽しく仕事ができます。

Pic_0378 昼は肉を使わない料理を皆で用意していただきました。汁物は『呉汁』です。煮た大豆を細かくすりつぶして味噌仕立てでいただきます。ほのかに豆乳の味もして、味噌作りの日にふさわしい料理でした。スティック生野菜には天然の酵母菌が生きていますし、味噌の酵母菌も体に入り、私たちを健康にしてくれます。よい菌を体に取り込み、菌と共生して、元気に健康にすごして生きたいものです。

さて、手前味噌作りは、材料さえそろえば案外簡単です。手作り食品を増やして、自給率を高め、外国産農産物のお世話にならないで済むようにしたいものです。経済評論家の金子勝さんが、TPP参加はアメリカの属国になることだ、という論評を載せていたのをちょうど読んだところでしたので、そんな話も参加者の皆さんとしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

天気の急変

110208_122601 昨日は穏やかな天気だった。仙台の小高い住宅地からは遠くの海も見渡せた。

今朝起きたら、雪が降り積っていた。まだまだ、寒い日、荒れた天気も続きそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

本能寺の変

今夜、織田信長が死んでしまった。死んだ信長が、馬上の江に向かって『生きよ』と語りかけるところでは涙が出そうになってしまった。

今回のNHKの大河ドラマだが、これを見ようと楽しみにしているのは実は小学生の娘達なのだ。以前歴史マンガを買ってきてやると『信長・秀吉・家康』について興味を持ち、それで『江』を見たいと言い出したのだ。

個人的には豊川悦司のファンなので、トヨエツの織田信長はとても良かった。でも、死んでしまったのでもう今後は出てこないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

屋根の修理

ヒマを見ては屋根の修理をしている。大風に飛ばされたトタンに変わって、応急処置としてアスファルトフェルトという防水材を張り、その上にアスファルトシングルという屋根材を釘と接着剤で張っている。

このアスファルトシングルという屋根材は大変便利で、素人がやるのも楽だ。アメリカでは普通の家の屋根材として大変普及しているそうだ。ただ心配なのは果たしてこの素材が環境にいいかだ。家と言うのはどうしても古くなれば朽ちるのが運命だ。逆に言えば、住みながらメンテをしていくのが正しい家の住みかただと言える。朽ちていって自然に返るとき、果たして自然環境を汚染せず、全部自然に返るものかどうか、そういう観点で家を設計したり建てたりしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

目が覚めたら雪

今日から2月だが、目が覚めたら雪だった。子どもは大喜びで、作ったテルテル坊主のお陰と頭を撫でていた。畑仕事はこの寒さで何も出来ない。もうすぐ立春だ。この寒さも多分もう少しの辛抱だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »