« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

群馬への旅

群馬の高崎で中学。高校と過ごしたが、知っているのは学校と住んでいたところの近くぐらいで、群馬県のいろいろな場所については詳しく知らない。週末に群馬に行き、沼田の方から片品村を抜け日光の方へ下りてきた。沼田からは吹き割の滝に寄った。暑い日だったので滝の近くは涼しく感じられた。

Imgp6798 片品村は山の緑が多く、心が和むよいところだった。日光へ抜ける峠は標高も高く涼しかった。中禅寺湖へ下りてくると渋滞が始まり、いろは坂を下るまではのろのろ運転だった。東京の人たちがたくさん日光へ遊びに来るのだろう。今度、日光にもゆっくり遊びに来てみようと思う。小学校の修学旅行以来だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

壁塗り体験会のお知らせ

ケーキ屋さんで修行をしていたパティシエさんが、角田にお店を開くことにしました。ログハウスと漆喰の壁のお店になるようです。オープンは9月との事。角田にもいろいろなお店が出来てどんどん面白くなりそうです。

このログハウスを建てる星不動産の社長さんとご縁が出来た関係で、「お菓子の国」の漆喰壁塗り体験会のご案内をいただきました。開催日は8月29日(日)、場所は角田市の衣料品スーパー・シマムラの近く、参加費は無料との事です。

興味のある方は、「22..8月ケーキ屋壁塗り体験会dotto.pdf」をダウンロード  をご覧いただき、コーディネーターの前田さんに連絡を取ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

流しそーめん

一時涼しい日が戻ってきたと思ったら、またこのところ30度をこす暑さで、とても日中の農作業などやっていられない。こう暑いと、頭の中も思考停止状態になるし、何も行動する気が起きない。ただ願うのはどこか涼しいところに行きたいということだけだ。

こんな暑さの中、知り合いの人たちと流しそーめんをした。うちの裏山から竹を切り出してだ。会場は、ログハウス。このログハウスは、木と漆喰の壁なので、室内が涼しく感じられる。聞けば、室内に湿気が少ないのでやはり外が暑くても涼しいのだそうだ。

自然をうまく利用した涼しさは心地よいものだ。

100822_114901_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

お出かけ

子供たちの夏休みなので、鬼首にキャンプに出かけてきた。滞在中のフラン人も一緒だ。鬼首には知り合いがいて、廃校になった素敵な中学校で働いている。ピザをご馳走してくれた。校舎は素敵な木造校舎で、こんなところで暮らしてみたいと思った。

Imgp6777  夜は吹上キャンプ場に泊まった。テント道具などは全部レンタルだ。キャンプなどしたことがないので、快適とはいえなかった。もっと、慣れてくれば快適に過ごせる技も知恵も付いてくるのだろうが、何せ初めてなので準備も何をしてよいかわからなかった。

しかし、不便な生活も子供たちにとっては良い思いでとなったろう。高原なのでさすがに涼しく、ようやく暑い日々から逃れることが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

今日はフレンチの日

Imgp6759 フラスン人に今うちの仕事を手伝ってもらっている。朝は種まきをしてもらった。暑さは相変わらず続くが、播いたのは秋野菜の種だ。今のうちの秋野菜の準備だ。

夜は、フランス料理を作ってもらった。普段はここに滞在していてごはんと味噌汁ばかり食べているので、彼女も自分の国のもモノが食べたかったところではないだろうか。

Imgp6763 美味しいキッシュだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

昭和と角田祭り

Imgp6755 お盆だったので、角田でもお祭りがあった。そのお祭りに東京から懐かしい昭和のフォークを歌うグループがやってきた。彼らはプロではなく、神田にある「昭和」という居酒屋さんの常連さんたち、すなわち飲み仲間だ。

「昭和」では小さな舞台があり、そこで歌いたくなったら誰でもギターを持って歌うことが出来るそうだ。40代、50代の昭和のフォークを懐かしがっている世代の人たちが生き生きと歌って楽しんでいる。そんな人たちの中に、大学の先輩がいて東京から角田に来てくれたので、久しぶりに会うことが出来た。

その先輩には、大学生の時、マージャンをして帰りが遅くなり電車がなくなったとき、よく下宿先に泊めて貰ったものだ。その時も、ギターを弾いていたが、こんな素敵な音楽仲間と演奏していたなんて知らなかった。嫁さんもこの「昭和」で出会ったそうで、今回、二人の息のあった演奏も聞かせてもらえた。

仕事で東京にいくときがあれば「昭和」に寄って見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

タイマグラ

先週末の6~8日で岩手県に行ってきて、久しぶりにタイマグラに住む人達と会ってきた。ふだん緑の多いところに住んでいても、タイマグラの自然は格別で、行くと心身ともに癒される。そのような森の中に何世帯かの人たちが暮らしている。

宿をやっているおくはたさんの家では、3人子供がいて、久しぶりに会ったら本当にみな大きくなっていて驚いてしまった。男の子なので、背も大きくなり声変わりもしていて見違えてしまった。

「タイマグラばあちゃん」の監督澄川さんの家も子供たちがみな大きくなりいやはり驚いてしまった。上の子は中3で、村に高校がない川井村では、高校進学と共に親元を離れて暮らすことになる。

桶職人の「南部桶正」君の家には、ちょうど女の子達が遊びに来ていて、我が家の子供たちも楽しく遊んでいた。ちほさんからクラフトを習い出来た作品は、夏休みの工作として学校に提出するつもりでいる。宿題に当ててしまうのはちゃっかりしている。

Imgp6733 「南部桶正」君のところから手作りのおひつを購入した。これで食べるとご飯時が本当に楽しくなる。手作りのよい品物は生活の時間を豊かにしてくれる。

さて、今日12日からはフランス人のウーファーさんが滞在している。以前来た20歳大学生のウーファーさんの姉である。面白い縁である。京都から夜行バスでやってきて大変だったので午前中は休んでもらい夕方からきゅうり苗の定植を手伝ってもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

オランダ人ウーファーさんとお別れ

オランダ人のウーファーさんたちは先日、わが家を発ち松島・気仙沼方面へと旅立ってしまった。最後の日まで手伝ってくれて、出荷用の野菜の袋詰めをしてくれた。

Imgp6671

そして今日は仙台から小学生達が泊まりに来た。我が家の子供たちが仙台に住んでいたころ同じ幼稚園に通っていた近所の子供たちだ。上の子達はみな小学6年生になりお姉さんになった。ご飯を自分達で作ってもらい食べた。

Imgp6675

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

this is life

わが家に滞在中のオランダ人夫婦も今日が最後の宿泊日だ。明日は、松島のユースホステルに、そしてその次は金華山の神社に宿泊する。いずれの宿も、私が電話して予約してあげた。

それにしてもこの暑い中一緒に働いてもらい大いに助かった。畑もきれいになった。この暑い中大変だっただろうと、声をかけるとThis is life.「これが人生というもんだ」という答えが返ってきた。とても前向きに物事をとらえていて、ほんとに大人の二人だと感心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »