« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

とうふ作り体験会のご案内

ふきのとうを見つけて食べました。寒い日が続いた2月でしたが、ようやく春らしくなってくるのでしょうか。

さて、3月7日はとうふ作り体験会を開催します。3月のテーマも2月に引き続いて、大豆を使った加工食品ということで、2月のみそに引き続き、手作り豆腐に挑戦します。

今、あきこさんが連日リハーサルを兼ねて、とうふ作りに挑戦しています。フードプロセッサーも購入し、調子がよいようです。7日の本番当日が楽しみです。

参加ご希望の方は、ご連絡お待ちしております。

電話は、0224(68)3070

メールはこちらまでお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

ホームステイ

東工大の大学院生のエルネスト・リベラ君がわが家にホームステイしていた。このホームステイ事業は大学側が留学生を、日本の田舎暮らしを体験させる為に企画しているもので、角田市の受入団体に話があり去年から行っている。ふだん研究室で忙しく勉強している院生たちにとってはいいリフレッシュになるようで、大学側の粋なはからいだと思う。

エルネスト君の父親は左翼の親派だそうで、チェ・ゲバラの本名であるエルネストを自分の息子に名付けたらしい。亡きお父上も医師だったそうで、そのあたりもチェ・ゲバラに通じるものがあったのだろう。

エルネスト君は、大変日本語の能力が高く、外国で暮らした経験も豊富で、話が面白かった。3泊したが、畑を手伝ってもらったり、一緒に松島に行ったりした。松島に行き、日本三景の2つは制覇したので、あともうひとう京都の天橋立にも是非行ってみたいといっていた。松島は近いので、改めて観光してみようという気にもならなかったので、エルネスト君のおかげで松島観光ができ、そして松島のよさもわかりよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

みそ作りワークショップ

Imgp5909 二回目となるみそ作りワークショップを行い10名の方に参加をいただきました。今回も、こうじの仕込みがうまく行き、一番最初は、このワークショップの経験者の方に、デモンストレーションを兼ねて仕込んでいただきました。

Imgp5908 約6キロくらいの出来上がりで、このように持参していただいた容器につめてお家に持ち帰っていただきます。一番最初に、やり方を見ていただいた後は、順番に、麹、塩、つぶした大豆を素手で混ぜていただき、自分の菌をいれて仕込んでいってもらいました。

Imgp5912 遅くなりましたが、お昼の準備を手伝っていただき、食事となりました。メニューはライスバーガー、バサラ菜の煮付け、大豆の揚げ物、花豆に煮物などでした。大豆を水で戻し、小麦粉をつけて油で揚げたものは、食べるとやめられなくなると好評でした。

Imgp5914 昼食後は畑と山に皆さんを案内して散歩しました。自然の中でリラックスしていただき、季節を感じていただければと思います。

Imgp5915 実は数日前、山でいのししがあばれまわっていたので、その後を見ていただきました。イノシシの害は、北限の丸森町から角田市へ広がり、さらに今では仙台でも被害が出ていて、年々ひどくなっているそうです。山が荒れていると動物の害が出やすいということをお話して、里山の問題点を提起しました。

Imgp5920 今、畑ではあまり食べられるものがなく、結球しそこなったバサラ菜をお土産に持って帰ってもらいました。見た目は悪いですが、寒さに当たり甘みが増しており、煮付けにすると砂糖は要りません。

こうして、今回のワークショップも3時のおやつを食べて、無事終わりました。寒い時期に仕込んだ味噌が、皆様のお家で美味しく食べられるようになりますように。

本当によい食品を食べると、細胞のひとつひとつが活性化されるようだ、というおはなしを参加者の方がしていましたが、体の細胞が喜ぶ、体に染み入る味噌になってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

谷川俊太郎さんと呼吸のワークショップ

100220_131901 仙台の輪王寺で、谷川俊太郎さんが来て、呼吸のワークショップをやることになったので行ってきた。谷川さんもなんせ高齢だ。是非、一度お目にかかりたいと思っていた。

私は宮沢賢治が小さい頃から好きだったので、谷川さんのお父さんのような人のおかげで賢治が世に出て、一般の人が彼の著作を目にすることが出来るようになったと思っている。そして、私たちの世代といえば手塚治虫の「鉄腕アトム」のアニメを見て育った世代だ。主題歌が大好きだったが、あれが谷川俊太郎さんの作詞だとは後から知った。

そんなわけで、詩の世界のスーパースター谷川さんと会えるのを楽しみにしていた。谷川さんと、なぜ「呼吸法」なのか。谷川さんが個人レッスンを受けている呼吸法の先生加藤さんも一緒に来仙し、呼吸法のさわりを教えてくれるのだ。

私は、しゃべる職業なので、呼吸法、発声法に興味を持っている。体が固くて姿勢が悪いという自覚があるので、ヨガや呼吸法の勉強と練習をしたいとは思っていたので、よい機会だった。

目の前で見た谷川さんは小柄な方だった。78歳という年齢にもかかわらず、とても元気な方で、お喋りもなれていて面白かった。3編の詩の朗読をしてくれたが、目を瞑って聴いていると、とてもよかった。書かれた作品を目で追って読むのとは全然違う。彼の作品は声を出して読むようになっているのかもしれない。

呼吸法も少しだけ皆でやったのだが、とても気持ちよくなった。

ミーハーなので、本にサインをしてもらい帰ってきた。とても満足だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

こうじの仕込み

今日もまた雪が降った。暖冬の予報がはずれ、昨年末からは寒い日がずっと続いている。まだまだ外での畑仕事はできない。今度の日曜日にはまたみその仕込を、参加者の人たちと行う。そこで、今日から麹を仕込み始める。

Imgp5904

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

種まき

寒さが続いている。畑での作業はなかなかできない。しかし、ナスの種を播いた。もちろんこの寒さの中だから、ビニールトンエンルの中で、しかも、電気温床を引いたうえでだ。

今種を播いても苗が立派に育ってくるのは5月過ぎだから、これから2ヵ月半大事に育てていかなければならない。自然農法とはいえ、電気を使いながら育てるのは気がひけるが、自分で苗を育てるのであれば致し方ない。

専業農家の人たちの間では、もう既にトマトの苗がそろそろ定植できそうなくらい育っている。6月くらいからトマトを出荷しようと思えば、もう寒いこの時期に作業は始まっているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

味噌作り体験会

今年ももう既に2月の半ば、早いものです。今年初めての体験会を開催しました。冬の農作業ができないときの大事な作業は味噌つくりです。大豆を自分達の手でつぶすところから始めて自分の味噌を作ってみたい方たちに、我が家に集まってもらいました。

Imgp5872 簡単に段取りを説明した後、早速大豆をつぶしてもらいました。大豆は、今朝から鍋で煮ていました。しかし、それだけでは足りないので、圧力鍋も使って煮ます。大量に味噌を作る人たちは、大豆をつぶす機械を使うそうですが、ここでは、皆で少しずつつぶします。でもその作業を何回もくり返さなければならないので、一人でやると辛いでしょう。皆で楽しくお喋りしながらですから、はかがいきます。

Imgp5873 皆でつぶしたものを、最終的には、一人の人に集めて、塩と麹を混ぜて、自分用に持ち帰ってもらいます。自分用なので、手袋を取って、自分の手の菌やアミノ酸、乳酸菌をつけて持ち帰ってもらいます。自分の体の常在菌が、自分の健康を守ってくれるうえでとても大事だということに今、注目しています。その常在菌が入った自分の手作り食品ですから、手前味噌は本当に優れた食品です。

Imgp5876 容器につめて表面に塩を撒き、空気が入らないようにぴたっとラップをして出来上がりです。

Imgp5877 そして、また皆で豆をつぶし、次の個人が自分用として仕上げをするという繰り返しで、作業を進めていきました。やはり、たくさんの人に集まってもらうと、楽しく作業が進行していきます。みそ作りは初めてという参加者の方もいましたが、我が家の味噌つくりに3回来ていただいている方もいて、経験がある人が、初めての人へアドバイスをしたり、お手伝いをしたりと、この場でのよい関係も出来ました。

Imgp5879 皆さんの味噌の仕込みは順調に午前中で終わりました。お昼は下準備をしておいたので、皆さんに仕上げを手伝ってもらいました。今日のメインディッシュはライスバーガーです。玄米と黒米で作った「パン」の真ん中にハンバーグ代わりの大根を挟みます。

Imgp5884 出来上がりはこんな感じになります。これ、とても美味しいです。腹持ちしますし。明子さんがマクロビオティック料理教室で習ってきたものです。

Imgp5885お昼を食べたあとは、山や畑を案内して、今の季節の様子を参加者の方に見てもらいました。 今畑は収穫できるものがあまりありません。キャベツや空まめの苗が植わっているのを見てもらいました。

Imgp5891 山の梅畑を見てもらいつぼみから春が近いのを感じてもらいました。

Imgp5896お昼に出したバサラ菜が好評だったので、バサラ菜をお土産に持っていってもらいました。バサラ菜は白菜が結球しなかったもので、農家から見れば失敗作ですが、今霜に当たってとても甘くなっていて、美味しいです。スーパーには絶対に並ばない、隠れた名品です。

Imgp5898 一回り歩いてきて、最後はおやつを食べ、今日の感想を各人からうかがって今日の体験会のプログラムは終了です。

今日のために事前に仕込んでおいた麹もうまく作れたようでよかったです。実は、前回人に頼まれて仕込んだ麹が失敗してしまい、その失敗がどこにあったのかということを明子さんが反省して、今回はいろいろ苦心したみたいです。その甲斐あって、今回の参加者の持ち帰った味噌が、皆様のお家でおいしく育ちますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

麹付け

Imgp5854 今度の日曜日に味噌を皆で仕込む。その準備として、米を蒸して麹菌を付ける作業をした。麹菌は蒸した米のでんぷんを栄養にして増えてくれるはずだ。

Imgp5858 しばらく暖かいところで眠ってもらっている間に、たくさん増えていてくれるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

氷柱

100207_075601 今朝はとても冷え込んだ。昨日降った雪は凍ってこちこちになっていたし、氷柱もこんなに大きく成長した。このところの寒さで再び風邪がはやってきそうだ。元気で起きてきた下の子も、夕方から熱が出始めた。私も健康第一、気をつけようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

朗読パフォーマンス

100206_140902 今日は朝から雪となり、道路の雪も融けない、雪催いの一日だった。

丸森町の椎名さんというパフォーマーの方から案内をいただいていたので、会場である農家レストランへ行った。地元の食材を使ったおいしいお昼ごはんのあと、1時から開演した。

第1部は、創作民話の朗読劇だ。椎名さんの娘さんのオリジナル作品だという。文学性の高さに感銘した。

第2部は、和楽器と朗読のコラボレーションだ。作品も良かったが、十七弦等の和楽器を間近で聴くことが出来よかった。子供にも本物の音楽を聞かせることでき、心の栄養になったことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

寒い立春

Imgp5834 そろそろ立春も近いが、今が一年で一番寒い時かもしれない。昨日から雪が降り始め、雪が積った。日中も気温が上がらず、雪が舞った。野菜についての作業はできない。昨年取れた大根、白菜、人参、じゃが芋など決まった野菜だけを食べている。

自給ではこれで十分だが、お店で売るとなるとちょっと寂しい。だが、設備もないのでこの時期に野菜を育てるのは無理だ。山仕事でもして、春が来るのをまとう。夜もとても冷えたが、幸いにストーブ用にも、風呂用にも薪はたくさんある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »