UA-92533382-1 部屋の床張り完了: よつば農場便り

« さらにここまで来た | トップページ | 農業体験希望者の受入 »

2009年3月 3日 (火)

部屋の床張り完了

Imgp4455 北側の湿った暗い部屋の床が湿気で腐って抜けてしまったのを、こつこつ修理してきて、ついに床張りまで来ました。ふだんは人が使わない部屋なので、床張りは簡単に済むようにウッドデッキ方式で仕上げました。

湿気がこもらないように、板と板との間に隙間を空けて打ち付けました。1枚1枚張っていって、最後の隙間は台形になってしまいます。でも、その台形をきっちり計って、ぴったり収めました。素人でもできると感激しました。

Imgp4462 細かく見るとあらはいっぱいあるのですが、今回の体験は本当に勉強になりました。このような機会に恵まれたことに感謝です。

板は木目に沿ってどちらにそるかというようなことをはじめて知りました。尺や寸という日本の伝統的な寸法も覚えました。曲尺、墨壺、水平器などの大工道具もはじめて使ってみました。

日本人は木の民族です。木を取り扱うこと、他のどの民族よりも優れているはずです。ところが、その日本で地元の山が荒れ、地元の材木やさんがなくなっているのです。

今回の部屋修理では、地場の杉板を、地元の材木屋さんから買いました。私も、少しづつ木の扱い方に慣れていき、技能を身につけていきたいと考えています。日本人の誇りに連なりたいと思っています。

|

« さらにここまで来た | トップページ | 農業体験希望者の受入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部屋の床張り完了:

« さらにここまで来た | トップページ | 農業体験希望者の受入 »