« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

畑仕事の様子

10月も終わりに近づき朝晩ぐっと冷え込むようになった。寒さのおかげで雑草が伸びず畑もせいせいとしている。雑草を敵と思わないのが自然農法だが、しかしきれいな畑で野菜が青々と育っているのを見るのはやはり気持ちいい。

現在、玉ねぎの苗を定植中。玉ねぎは越年し来年6月ごろ収穫する。冬の葉物野菜はだいたい定植し終わり、収穫が始まっている。来週あたりからは大根、白菜、レタスも取れそうだ。

ルッコラやからし菜などのサラダセットをミニハウスに植えておこうと思う。こうしておけば霜が降ったあとも収穫できるだろう。

ニラの植え替えが終わっていないのが気がかりだ。これは早く終わらせたい。野菜の仕事が終われば、薪つくりが忙しくなる。家の修繕もしなければならない。休みはなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

目黒区民センター消費者祭りの御礼

Imgp3961 25日、26日と、目黒区民センターの消費者祭りに呼んでいただき、泊まりで出かけてきました。

雨も少しぱらつきましたが、天気も無事持ち、たくさんのお客さまに足を運んでいただきました。

角田市の農産物や加工品を紹介させていただいたところ、大変好評をいただきました。

私自身もこれからよいものを作っていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

脱穀終了

はせがけしていた米の脱穀が終わった。このところ天候に恵まれうまい具合に乾燥していた。脱穀してみたら、コンバイン袋に6袋弱の収穫だった。

今年の反省点は、機械の手入れを怠ったことだ。コンバインの分解掃除をしていなかったので、ゴミが詰まってしまっていた。開けられるかぎりのネジをはずして、詰っていた前年までの籾殻を取り出さなければならなかった。

掃除を終わりいざ始動しようと思ったらエンジンがかからなかった。バッテリーが上がっていたのだ。中古で買ったものは車でもそうだが、前の持ち主は一切手入れをしていないと思ったほうがいい。バッテリーも買ったままだったのに、よく昨年は動いたものだ。

結局バッテリーも買ってきて取り付け、何とか無事脱穀を終わらせることができた。「機械オンチ」とは言っていられない。これから機械のことも勉強しよう。どうせなら「機械整備士」の資格を取るくらい勉強してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

10月の体験会の報告

10月のよつば農場の体験会のテーマは「秋の収穫感謝祭」です。秋に取れる豊富な農作物に感謝して、一日のんびり戸外で過ごしましょう。暑すぎもせず、寒すぎもせず戸外で過ごすにはちょうどよい天候に恵まれた一日でした。

Imgp3920 我が家では、お昼の食材を畑で掘ってもらうところから始まります。昼は東北地方の風物詩「いも煮」です。

Imgp3921 里芋がどうなっているのかはなかなか見たことがないのでは。親芋の周りに子芋がつく面白い芋です。10月始めに掘った時はまだ小さくて少しがっかりしたのですが、今日掘ったら大きくなっていました。嬉しい。

Imgp3926 掘った芋は洗ってもらいます。サトイモは土がついているので念入りに洗ってください。

Imgp3929 今度は大人がむいていきます。みんなでおしゃべりしながら手を動かすと楽しい。

Imgp3934 お昼にありつくためには火をつけなければいけません。火をつけるのは子供さん達に任せましたよ。こわごわマッチをするのでなかなか火がつかない。ちょっと危険なこと、危ないこともしっかり体験しておいてね。

Imgp3938 いい感じに火が起こった。

Imgp3940 そして出来上がり。我が家の里芋最高でした。よつば農場は、湿った畑で、排水をしっかり対策しないと普通の野菜は取れないのですが、湿ったところが大好きなこのサトイモはおいしいものができます。自然の恵みです。

Imgp3942 体を動かして自分達で作ったお昼ご飯はおいしいですね。

Imgp3950 午後からはサツマイモ堀です。

Imgp3957 そしてまた焚き火をしての焼き芋です。

これは火を眺めている「父と息子」の図です。火を見ていると伝えたいことがでてくるのでしょう。火を囲んで、火を見ながら話していると、深いところで人間の本能が刺激されるのかもしれません。

今日も、私自身が本当に楽しいのんびりした一日を過ごさせていただきました。参加者の皆様からはいつも新しいことを教わりますし、元気を貰えます。本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

消費生活展のご案内

目黒区との様々な交流の縁で、このたび、第37回消費生活展の産直コーナーに出店することとなりました。日時は、10月25日、26日の土日です。場所は目黒区民センターになります。

角田市の農業振興公社が取りまとめ役です。角田市の名物料理の紹介や米の試食も予定しています。意識の高い、目黒区の消費者の方とお話できるのを楽しみしています。

消費生活展の公式ホームページはこちらです。お近くにお寄りの際はぜひご来場ください。

百姓先生コンパニー >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

10月の体験会のご案内

9月に植えた秋野菜も10月に入りだいぶ大きくなってきました。9月の天候不順に心配した秋でしたが、野菜たちは一生懸命育ってくれていました。

10月の体験会は秋の畑の様子を観察しながら、畑の中でいも煮会をやる予定です。里芋を掘るところからやってみます。サツマイモも土の中で大きくなっているはずです。午後はサツマイモを掘り焼き芋をしてみましょう。

秋になると美味しい食材がたくさん出てきます。冬になる前に美味しいものを食べ体に栄養を蓄えよという自然のめぐりなのでしょう。

来る10月19日(日)午前10時からよつば農場にて体験会を予定しています。ご興味のある方はご連絡お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

東京緑ヶ丘小秋の稲作体験学習

5日から角田に来ていた、東京緑ヶ丘小の子供たちも今日が最後の滞在日となり東京へ帰っていってしまいます。最終日の今日は自分達が刈り取った稲がどうやって人の口に入るようなお米になるかを学習しました。

Imgp3867 乾燥機のある作業小屋の前で、稲作指導に当たった農協青年部の部長から話を聞きます。

Imgp3873 お米が、籾殻、玄米、白米、米ぬかからなることを学びます。

Imgp3879 乾燥機からお米が出てくるところを学びます。

Imgp3882 籾殻は、牛の敷き料となりまた田んぼに帰ることを聞き「循環」について学びます。

Imgp3884 最後に精米機にかけて白いお米が出てくるところまで一通りの流れを学びました。機械化されているとはいえ、お米が食べられるようになるまでにはものすごい手間がかかっているのだということを感じてくれたら嬉しいのですが。

Imgp3890 勉強のあとは楽しいバーベキューです。食べ物の尊さをわかってくれたみたいで、食べ残しが今年は少なかったように感じました。

Imgp3892 最後に子供たちが、お世話になったお礼にということで、素敵な歌を歌ってくれました。こちらこそありがとう。君達が角田で学んだこと、感じたことを東京に帰り、家族のみんな、そして回りの人たちにどんどん話してあげてください。そして、また、なつかしいふるさととして、いつかまた角田に遊びに来てください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

目黒区緑ヶ丘小学校の稲刈り体験

Kc280016 東京から小学校5年生たちが稲刈りの体験学習にやってきました。本来の日程では明日月曜が稲刈りの予定だったのですが、明日はかなりの確率で雨が降るということで、急遽日程が繰り上がり、今日の稲刈りになりました。

朝早く東京を出てきた子供たちは大変です。でも、曇天のもと元気に稲刈りをしていました。地元の5年生たちも加わり交流を深めることができたようです。

東京から来た子供たちは、地元の家庭にそれぞれ分かれ、今晩はホームステイをしています。我が家でも、2人の子どもさんをあずかり、栗ご飯に里芋の味噌汁、そして梨と地元角田産のもので歓迎しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

秋晴れ

天気がよいと気分もよい。今日は秋晴れになり、お客さんようの布団も干せた。今度の日曜には、また目黒区の小学生がホームステイに来るので、迎える準備もできよかった。

秋野菜の苗も定植することができた。夏野菜であるナスを撤去し雪菜の苗を植えた。畑も、季節の移り変わりを反映しだいぶ様変わりした。

Imgp3858 昨日は夜空がさえ、その分冷えた。今、一日の気温差が非常に激しい。日中は汗ばむくらいだが、朝晩は冷える。このような気候は、野菜をとても美味しくしてくれる、東北独自の気候だ。

昨日は夜薪ストーブを焚いた。これからは薪の手当ても心配しなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »