無料ブログはココログ

« お盆が過ぎると | トップページ | 唐箕(とうみ)の導入 »

2008年8月19日 (火)

畑の様子

空梅雨の反動か、ここに来て雨が多い。畑は、ちょうど夏野菜から秋野菜への移行時期で、端境期となって取れる野菜が少なくなってきた。春に播いて夏に食べられる野菜が勢いを失ってきているのに、秋に食べる野菜はようやく種まきに取り掛かるところで、畑はあとかたずけと準備が同時進行で忙しい。

・いんげん…春に播いて長く収穫させてもらったが、もう実がならなくなった。最後に播いたインゲンが生長してきて新しいいんげんは9月に取れる。

・ナス…6月くらいから長く収穫してきて、少しなりつかれている。ここで、強く剪定してしまい、しばらく実を取ることをやめて秋茄子を待つ技術もあるが、我が家ではならせっぱなしである。やや実が硬くなってきたか。

・トウモロコシ…撤去した。細かくきって畑においてある。次作のために肥料になってくれる。とり損ねた実は、もうゆでても美味しくないのでニワトリの餌になる。ニワトリはトウモロコシが大好きである。

・トマト…下段になる大きな実はほとんど取ってしまった。上段の実が9月ごろになっても食べられるように熟すとよいのだが。

・くうしんさい…このところの雨でやたらと元気がよい。高温多湿を好む野菜である。去年の経験では、秋に気温が下がり始めるとたちまち元気を失う。

・モロヘイア…こちらも元気がよい。芯を摘んでも次々と腋芽が出てくる生命力の強さは見事である。花が咲き始めた株もある。花が咲くともう終わりに近いのかもしれない。

・かぼちゃ…草取りが間に合わず草に埋もれている。秋に草刈りをしてやると草の中から実がごろごろでてくる。宝物を発見したような喜びを味わえる。

|

« お盆が過ぎると | トップページ | 唐箕(とうみ)の導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197245/23093586

この記事へのトラックバック一覧です: 畑の様子:

« お盆が過ぎると | トップページ | 唐箕(とうみ)の導入 »