UA-92533382-1 豆腐作り体験会第2弾: よつば農場便り

« 春の農繁期 | トップページ | ジャガイモの定植 »

2008年3月20日 (木)

豆腐作り体験会第2弾

3月の豆腐作り体験会は、例年2回企画している。今日は、2回目の体験会を行い、新しい参加者に来ていただいた。

Imgp2928 豆を、ミキサーでひいてもらうことから始めるのは前回と同じである。ひいた豆を熱湯で煮立て、それを布でこして、豆乳とおからに分ける。

今日は出てきたおからを、参加者の子どもさんたちに、肉と混ぜてもらい、昼食のおから肉団子にした。

Imgp2932 子どもさんたち、実に楽しそうだ。私の持論は、子供の頃に泥だんごつくりをした子供に悪くなる子はいないということである。手の中でこねる感触が、子供は好きである。肉団子をこねて丸める作業も子供の心に強く訴えかけるところがあるのだと思う。

以前、仙台に住んでいた頃、雨降り後の学校の校庭で、泥だんごを作っている二人の中学生を見たことがある。中学生になって泥団子を作るのは、幼い頃に満たされないことがあったのではないかと、その時感じたものだ。

Imgp2937 豆乳の温度をきちんと計り、タイミングを見計らってにがりを投入し、しばらくふたをしておいておく。

Imgp2945 型に流し込み、重石をして置いておくと豆腐の出来上がりだ。私達も、これで今年何度かやっているので次第にうまくなってきた。今日は、固くてしっかりとした豆腐ができ、食べごたえがあった。

今日も無事、豆腐つくりが成功し、主催者としてはホッとした。

昼食後は、自己紹介なども兼ねて、参加者の方から、感じたこと、思ったことなどのお話を頂いている。

今日は、干し柿つくりのことを話してくださった参加者の方がいて、私も学ばせていただいた。干し柿つくりの名人は、3日後の天候を読んで、寒く風の吹く日を見計らって、柿むきの作業を始めるのだそうだ。

私などは、干し柿つくりの季節が来たからという漫然とした気持ちでやっていただけだったので、改めて干し柿つくりを始め日本の伝統食つくりの奥深さを考えさせられた。干し柿も、自然の仕組みをうまく利用し、加工することにより栄養価もうまみもます、昔の人のわざと知恵である。

味噌も豆腐も、人間が自然の仕組みをうまく利用し、そのままで食べるよりははるかに美味しく栄養価を高めることに成功している。農がある暮らしは、本当に奥が深い。そして、私はまだまだ智慧も技も未熟である。

でも、だから、ますます、農のある暮らしは面白い。何歳になっても追求すべきことがたくさんある。「現代農業」という雑誌に、83歳の農業の名人が紹介されていたが「ますます頭がさえてきている」とのことだった。

いろいろの人から、学びあい、気づきあい、農のある暮らしを究めていきたいと感じた一日だった。

百姓先生コンパニー


|

« 春の農繁期 | トップページ | ジャガイモの定植 »

コメント

自分の家も、昔豆腐を挽いてました。
こちらでは「豆腐をひく」というんですよ。まあ、豆をひくという事からなんでしょうけど、、。

当然、手作りだから固く美味しい豆腐でしたし、自分の家の大豆を使っていたと言うことも美味しさの原因だったと思います。
美味しいので、許可をもらって売った事もありました。その時に私も手伝ったものです。
ですから、豆腐に関しては私は「うるさい」ですよ、、。(笑)

何よりの楽しみは、豆腐を挽いた後、豆腐を木の串に刺して炭火で焼き豆腐を作る。その後味噌を塗って豆腐田楽を作ってその場で食べるのが何よりの贅沢でした。
あの美味しさは、どこの料理屋にも出せない本物の美味しさです。
ですから、子供のころのそんな味覚が自分のベースになっています。

大豆も原田さんの所で作った豆ですか?
それならば、本当に商品化すればかなり安定的に収入が確保できると思います。

後、自分は豆腐を挽いているときの豆乳の表面にできる湯葉を指で掬ってさりげなく食べるのも好きでした。

本当に幼いころの原体験ですよ。

投稿: だいまつ | 2008年3月22日 (土) 18時24分

だいまつ様、コメントありがとうございます。豆腐田楽は、私が岩手で農業の勉強をしていた時に、地元のおばあちゃんが作ってくれたのを食べたことがあります。固い豆腐に味噌を付けて炭火で焼いたのも同じです。私にとってはやはり忘れられない味です。

今回の体験会で使った大豆は、近くに住む専業農家の方から譲ってもらいました。我が家でも自家製の大豆はあるのですが、収穫量が恥ずかしいくらい少ないです。手前味噌を仕込んで終わりくらいの量です。

体験会で使う大豆などを自給するところからまずは目標にしていきたいです。

投稿: 原田禎忠 | 2008年3月23日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豆腐作り体験会第2弾:

« 春の農繁期 | トップページ | ジャガイモの定植 »