UA-92533382-1 学びあい・気づきあい: よつば農場便り

« 食べ物は腐ります、かびます | トップページ | よつば農場2007年体験会・ワークショップの予定 »

2007年1月23日 (火)

学びあい・気づきあい

「農」にはいろいろな側面があります。作物を作って出荷するという普通の人が農家に対して抱く普通のイメージだけには収まりきれないものがあると教えてくれたのは、私が福島県の「やまなみ農場」での、自然農学びの会に出席したことによってでした。やまなみ農場では季節季節に合わせた作物つくりから自給技術までいろいろなことをテーマに勉強会をしていました。農家の人が主体的に学びの場を作り提供し運営しているのはとても新鮮な驚きでした。この会では、主催者の農家の人が、プログラムや進め方をリードしてくれていましたが、大事なのは学びという目的のために、人がその場に集まるということなのではないかと思いました。たとえば、農業技術を学ぶのであれば本を見てもビデオを見ても学べるのでしょうが、そこには人間的な触発が欠けているように思われます。学びの会では、お互いが気づいたことを口にすることによって、目的としていた以上の深さまで理解が深まりわかったと言う感じになりましたし、きっと主催者側の人も集まった人からの触発で得るものが大きかったと思います。知識が一方的に伝えられたというより、本来自分の中の深いところにあったものに気づかされたいう感じが私もして、学びの会に行くのは楽しみでした。やまなみ農場さんは、農業を始めてかなりの年数になるベテランさんで、学びの会で学んでいった人も相当な人数になると思います。この学びの会のようなものを私もよつば農場でできればいいなと思っています。自主的に学びあいをしたいという人の集まりが全国各地にでき、誰でも自分のすぐ近くの学びの会にいけたらすばらしいのではないかと思っています。そのような願いで、よつば農場でも、学びあい・気づきあいの場所を提供いたします。年間スケジュールを今考えています。次回にもお知らせします。

 

|

« 食べ物は腐ります、かびます | トップページ | よつば農場2007年体験会・ワークショップの予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学びあい・気づきあい:

« 食べ物は腐ります、かびます | トップページ | よつば農場2007年体験会・ワークショップの予定 »